黒ネコさんの勘違い。

12月8日 月曜日 はれ

家に帰ると、ドアの隙間に黒ネコさんからの荷物の不在通知が入っていました。
荷物が届く心当たりはなかったのですが、送り主を見ると 「 ANA 」 となっています。
これを見て、思い出しました。

12月に長崎に行ってきます。
その旅行の詳細やクーポンが届いたのです。
これはうきうき、テンション急上昇です。
さっそく再配達の自動受付センターに電話をしますが、
なぜか、「登録できないので、コールセンターにお電話ください。」
と、言われてしまいます。
長い伝票番号をがんばって入力したのに損した気分です。

そうは言っても仕方ないので、オペレーターのお姉さんのところに電話しましたが、
なんと、私が心待ちにしている荷物はもう届けた、とのこと。

・・・、えぇ?!

話を聞くと、サインももらっているということです。
旦那様に確認しましたが、もちろん旦那様も受け取っていません。
なので、一度電話を切り、
黒ネコさんでもう一度調べて折り返し電話をくれることになりました。


こんなことがあったので、もうお夕飯を作る時間だったのですが、私は何も手に付きません。

ひょっとして、お隣さんも同じ名字で、間違って届けちゃったのかな。
で、12月20日からお隣さんが留守だったら、絶対私の代わりに長崎に行ってるんだ…、
ああ、なんてこった…。
こんなことなら、引越しの時の挨拶で名字をちゃんと覚えてよけばよかった…。

何もかも悪いほう悪いほうへと考えてしまいます。
そして、約20分後、黒ネコさんから電話が来ました。
落ち着いて話を聞くと、配送にきたお兄ちゃんが間違えて、
配送完了と登録してしまったそうです。
なので、オペレーターのお姉さんも、もう配達したみたいなのですが・・・、と。

体の中で固まっていた血液が一気に流れ出した感じです。
寒々としていた家の中が、急にキラキラしてみえます。

確認したところ、荷物もちゃんとあるので、今日中に届けてくれるとのこと。
ああ、よかった。
[PR]
by piyoko_hamada | 2008-12-08 11:31 | My Happiness


<< 怖い夢 大掃除第一弾です。 >>