怖い夢

12月9日 火曜日 曇り時々雨

とても、怖い夢を見ました。
本当に怖かったので、旦那様が帰ってきてから、話を聞いてもらいました。
それがね、家に帰るのに電車に乗ってるのよ、
でね、うとうと…ってしちゃったら、
気がついたら何故かバスに乗ってて、すごい山奥を走ってるの。
次のバス停が終点だったから、そこで降りて折り返そうとしたんだけど、
なんと、次のバスが夜の7時50分なの。
こんな山奥で、8時近くって言ったら、もう真っ暗だよ。
怖いでしょ。
と。
すると、しばらく沈黙があった後、
・・・、え、それで終わり?
と、旦那様は私が期待していた言葉ではない言葉を言いました。

だって…、怖いでしょ。
周りに観光客とかハイカーとかいっぱいいたけど、
まだお昼過ぎなんだよ。
暗くなるまで、私、何してればいいの?
と、私が目が覚めてから感じた恐怖を訴えます。
そもそも、この夢には怖い点が2つあります。
一つ目は、山奥で暗い中バスを待たなくてはいけない、ということ。
そして2つ目は、お昼過ぎから夜まで一人で山奥で時間をつぶさなくてはいけないことです。
なのに旦那様は、
…、オチ、ないじゃん・・・。
と、つれないお返事です。
私と旦那様の間に深い深い溝ができました。
きっと一生埋まることはないでしょう。

山奥で一人で夜まで待つ、って怖いと思うんだけどな…。
[PR]
by piyoko_hamada | 2008-12-09 11:31 | My Happiness


<< 風邪です。 黒ネコさんの勘違い。 >>