夢をつかもう。

12月19日 金曜日 曇り

今日、年末ジャンボ宝くじの発売最終日でした。
買おう買おうと思いつつ、気が付いたら本日に至ってしまったので、
会社の帰りに買って帰ります。
毎年毎年性懲りもせずによく買うな…、と思われる向きもあるかもしれませんが、
私は毎年、当たったら何をするか決めています。
人生設計の一部なので、欠かすわけにはいきません。


数寄屋橋のチャンスセンターに行くと、とてもすごい人だかりです。
ここの売り場、毎年テレビに出ています。
1番窓口と7番窓口が縁起がいい、ということで特に混むそうで、
2,3時間待ちなんていうことも珍しくはありません。

なので、1番窓口と7番窓口が混んでるのかな~くらいに思っていると、
ちょっと感じが違います。
やけに人が多すぎるのです。
いくらなんでも12月の金曜日。
みんな、1番窓口や7番窓口のために並ぶほど時間があるとは思えません。

近くまで行くと、売り場のお兄さんが、
大変お待たせして申し訳ありません~。
どちらの売り場も30分ほどお待ちいただきます~。
と、叫んでいました。

どちらの売り場も?30分?
今まで、どんなに混んでいても特定の番号の窓口以外は並ばずに買うことができました。
待つのはゲンをかつぐ場合のみです。

ゲンもかつがないのに30分か…。
ここで30分待つのはちょっと気が進みません。
まして、明日から旅行を控えた身です。
風邪でも引いたら大変です。

なので、帰り道に賭けることにしました。
電車に乗るまでの間に売り場がなかったら諦めることにしました。

数寄屋橋から歩くこと約5分、やはり神は私を見捨てなかったのです。
あった!
しかも並んでない!!
心の中の隅の方で軽くガッツポーズです。


家に帰ってから、
でもさ、ここで「宝くじが買えた」っていう運を使っちゃったのは
失敗じゃないのかな…。
と、ほんの一瞬だけ思わないでもありませんでしたが、
このような危険な考えをするのはやめておきました。

これで来年が楽しみだな~。
[PR]
by piyoko_hamada | 2008-12-19 11:52 | My Happiness


<< 長崎異国旅行記 その1 平日の記憶。 >>