あこがれのイチゴ大福、その後。

6月19日 金曜日 曇り

今日は高校の時のお友達と食事会 兼 会議があります。
議題は、「 8月に行われる友人の結婚式の余興 」 について、です。

予備調査で、ハンドベルなどの楽器演奏か、お色直しのドレスの色当てクイズのあたりかね~、
なんて言うやり取りをメールでしていたのですが、やはり会って話さないと話が進みません。

今日集まるのは有楽町にある INZ ( インズ ) という高速道路のレストラン街にある
「 家 」 という創作和食のお店です。
1階は服飾品を扱う普通のお店等なのですが、2階はレストラン街になっています。
私が子供のころからあるので、老舗のショッピングセンターといった感じでしょうか。

この INZ には1から3まであり、建物が道を挟んで分かれています。
高速道路の下にあることもあり、端から端までは少し距離があります。
建物を間違えると相当歩かなくてはいけません。
なので、建物の番号を昼間のうちに調べておきました。
今日は 「 INZ 1 」 のお店です。
金曜日は2時間しかいられないということだったので、
会議が長引いた時のために、近くのカフェを探しておかなくてはいけません。

カフェ自体はたくさんあるのですが、有楽町から銀座の辺りはなめていてはえらい目にあいます。
ほかの街に比べてラストオーダーが恐ろしく早いのです。
カフェのラストオーダーが7時半、というのも大して珍しくありません。
お店が取ってあるのは7時から9時までなので、
会議が長引いた際にはカフェ難民になっている可能性があります。

調べてみたら、幸い、近くのイトシアに入っているカフェは遅くまでやっています。
これで2軒目も確保できました。

そういえば、INZ の中にカフェってあるのかな~、なんて思い調べていたら、
なんと大変なものを見つけてしまいました。

そうです、先日私のテンションが急落した原因のイチゴ大福です。
しかも、ここのお店、イチゴ大福の元祖だそうです。
今まで何度も INZ に来ているのに全く気がつきませんでした。
と、言うのもお店は建物の中になく、外から直接入る構造だったのです。
しまった…、灯台下暗し…、と思いつつ、急いでお店のHPを見ます。

イチゴ大福のページを見たら、季節によっておいしいイチゴの種類を使い分けているとのこと。
欧米人にできて日本人にできないわけがなかったのです。
やはり、匠の国はちがいます。

集合の前にお店によってイチゴ大福を買いました。
1個230円と、なかなかの値がさですが、目の前に食べたいものがあるのに我慢できません。
旦那様にもあげようと思い、2個買いました。
先日のシュークリーム4個分か…と思いましたが、私の心は満たされています。

会議も無事終了し、ハンドベルをすることになりました。
来週一度集まって練習する予定です。


そして、私はイチゴ大福を胸に、急いで家路につきます。
家に着くと、旦那様はまだ帰っていませんでした。
私は一人でルパン3世を見ながらイチゴ大福を食べました。
餡子と甘酸っぱいイチゴの組み合わせが何とも言えないハーモニーです。
さすが匠の国のデザートです。

しばらくして、ルパン3世が終わりました。
まだ、旦那様は帰ってきません。
イチゴ大福はもう1個残っています。

どうしようかな…、これ、今日中に食べないといけないんだけどな…。
中のイチゴが日持ちしないそうです。
冷蔵庫に入れて外側の求肥が固くなってもやだしな…。
今食べるのが一番おいしいよな…。

と、言うことで仕方なくイチゴ大福2個目を食べました。
エコ全盛の時代、食べ物を無駄にするわけにはいきません。
地球にやさしく、です。

2個目もとてもおいしかったです♪
また今度買いに来よう~。
[PR]
by piyoko_hamada | 2009-06-19 11:58 | My Happiness


<< トランスフォーマーを見てきました。 ビールのおつまみ。 >>