小学校の通信簿。

8月3日 月曜日 くもり

とうとう8月突入です。
夏です。
だけど、なかなか晴れないな~。


最近、本を読んでいなかったので、旦那様から薦められた本を読んでみました。
通勤の電車で読みます。
片道30分なので、ちょうどよい読書時間です。

本の後ろのあらすじのところに、「最後の2行で物語は全く違うものになる!」というようなことが
書いてあります。
これは気になります。
それまでに読んだ250ページが、たった最後の2行で、ひっくり返されてしまうのです。
この言葉が気になり読んでいたのですが、一向にだまされる気配がありません。

しかし、この言葉が気になり、家に帰ってからも本を読むのを
やめられなくなってしまいました。

途中でやめられないなら、最後まで読むしかありません。
続きが気になり、スーパーにもよらず一目散に帰ってきます。
冷蔵庫には何もないことは知っていました。
もちろん、お夕飯の用意もできません。
というか、お夕飯という概念がその時の私にはまったく浮かばなかったので、
とにかく早く帰って続き読まなきゃ、というだけだったのです。

幸い、旦那様はお夕飯を今日は食べないというので、私だけです。
一人だけなら、なんとでもなります。


結局、帰宅後すぐに読書を再開し、最後まで読み続けてしまいました。
確かに、最後の2行を読んで、
あれ、私の考えていたものと違う…これは一体ドウイウコトデスカ?
と、まんまと騙されてしまいました。

あ~、面白かった~。
と、無事読み終えたのですが、そんなこともあり、今日のお夕飯は冷凍のチャーハンです。
ちょっとわびしい…。


この時、そういえば小学校の時の通信簿に、

本が好きなようで、時間を見つけてはよく読んでいますが、
途中でやめられないようで、授業が始まっても読んでいることがたまにあります。
時間を決めて、けじめをつけて読ませるようにしようと思います。

と、書かれていたのを思い出しました。

まさに、今の私の状況です。
先生、結構私のこと見ててくれてたんですね…。
意外と小学校の時の通信簿って、自分を知るにはとてもいい資料なのかもしれません。
20年たっても、人間の中身は変るものではないのだなあ、と思いました。
[PR]
by piyoko_hamada | 2009-08-03 11:53 | My Happiness


<< コンビニに行きました。 OLさん。 >>