目覚ましの音。

2月22日 月曜日 くもり

会社に行くと、無事に私の携帯電話を発見することができました。
よかったよかった。

金曜日に携帯電話を会社に忘れてしまったせいで、
私は昨夜、目覚まし時計をセットしました。
毎朝携帯電話のアラーム機能で起きていたからです。
とても目覚ましなしで起きる自信はありません。
アナログの時計をリビングから寝室に持って行きました。
デジタルの時計ではないので、セットも簡単です。

まあ、最悪、寝過ごした場合、急遽風邪を引く、という手段もなくはないのですが、
それをすると、また火曜日に、朝起きる手段がない状態になってしまいます。
これを繰り返すと、私は永遠に会社に行けません。

なので、今朝は目覚まし時計の音で起床しました。

朝、目覚まし時計がなります。
時計はアナログですが、音はデジタルです。

プルルルルルルルル…。

と、音がしました。
意識は虚ろなのですが、なんとなく何かがなっている気がします。

そして、
『ん~、なんかなってる~、でもいつものニルスの歌じゃないし~、
私の目覚ましの音じゃないから私は起きなくてよ~し』

と、脳が判断したようで、そのまま眠ってしまいそうになったのですが、えらいもので

「いやいや、まてまて、昨日目覚まし時計をセットしたよね。」

と、急に頭がクリアになります。
約十年の私の社会人生活の成果です。
脳の力に私のキャリアが勝りました。


それにしても、無意識のうちに目覚ましの音を脳は認識しているんですね~。
意識があるかないか分からない時にいつもと違う音を聞き、
一瞬でも、「おきる必要なし。」と、判断した自分に感心しながら会社に行きました。
脳ってすごいんですね。
[PR]
by piyoko_hamada | 2010-02-22 23:40 | My Happiness


<< ものもちがいいのです。 携帯電話と私。 >>