ぜひ日本でも取り入れましょう。

5月22日 土曜日 ハレ

今日は旦那さまのお誕生日のお祝いに、近藤にてんぷらを食べに行きました。
ちょっとした贅沢です。

やはりとってもおいしい…。
お腹一杯になり大満足で家に帰りました。


ところで、昨日、お隣韓国では「釈迦生誕日」といって祝日で市場はお休みであると、
ラジオ短波で言っておりました。
名前のまんまお釈迦様のお誕生日です。

私は4月の灌仏会がお誕生日だと思っていたのですが、
新暦や旧暦といろいろあるので、お釈迦様のお誕生日はいろいろあるようです。
そういえば、欧米にもクリスマス等、宗教的な意味のある祝日があります。


さて、ここで、私は考えました。
日本の宗教はなんでしょうか?
戦前は国家神道が国教とされていたようですが、
現在の日本には国教というものはありません。
仏教の人もいますし、クリスチャンの人もいます。
もちろんそれ以外の宗教を信仰している人もいます。
なので、特定の宗教のお祝いの日を祝日にすることには様々な抵抗があると思います。
ましてやとてもデリケートな問題です。
歴史的認識もからんできたりして、国際問題にだって発展しかねません。

そこで!さまざまま問題が起きないように、
灌仏会とかクリスマスとか、日本も全部ひっくるめて全部休みにしてしまえばいいのです。

旦那様のお誕生日に関連して、もう少し祝日が増えないかな…、なんて計画を立ててみました。
今度の国会で真剣に考えてくれないかな…。
[PR]
by piyoko_hamada | 2010-05-22 22:49 | My Happiness


<< 優雅な時間 0.1という数字 >>