モルディブ旅行記 第1章 ~ とりあえず思い出を思いだそう ~

何カ月か前に行ったモルディブの旅行記です。
なぜ今さら、という感想をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、
私の心の洗濯のためのページを作るため、公共のインターネットを利用させてもらうことにしました。
せっかくだし、旅行記に残しておくのもいいものです。


モルディブは日本から直行便で10時間ちょっと。
私のイメージは海がきれいで、よく新婚旅行で行くところ、という程度です。
今回も、旦那様が、モルディブ行こ~、行こ~、と言い出したのがきっかけです。
もちろん、私も気になっていたので、大賛成です。

モルディブは一つの島に一つのリゾートホテルがある形です。
ホテルもいろいろあって、漠然とパンフレットを見ていると、なかなか滞在先が決まりません。

いろいろ考えた中で、今回私達が行ったのは、エンブドゥ・ビレッジというホテル。
ここ、空港からボートで30分ほどと近く、
リゾートの周りには珊瑚があり、シュノーケルも楽しめるリゾートです。

空港から遠いと空港の近くのホテルで1泊して、次の日にリゾートに向かう、
というスケジュールになってしまいます。
それでは1泊分もったいないので、今回は空港から近く、シュノーケルが楽しめるリゾート、
というお題で(旦那様が)探した結果、エンブドゥ・ビレッジに決まりました。

新婚旅行で行くようなラグジュアリーなホテルという感じではありませんが、
シンプルで肩肘を張らなくていい、とても居心地のいいリゾートです。
ちなみに、ドイツ人が多いそうです。


よって、日本語が一切通じません。
グーテンダークです。
一切というのは言い過ぎました。
「アリガトゴジャイマス」 「コンニチーハ」 くらいは通じます。

こんな感じで、のんびりした中にもちょっとスパイスのきいたリゾートでした。

b0035324_22271255.jpg

[PR]
by piyoko_hamada | 2010-06-10 20:49 | 遊びに行こう!


<< モルディブ旅行記 第4章 ~ ... ひもじい一日 >>