よつばと!

よつばと!(3)
あずま きよひこ / メディアワークス

これも旦那様から薦められて読んだものです。
「よつば」ちゃんと言う小学校に入る前、幼稚園くらいかな?の女の子のお話。
登場人物はよつばと父ちゃん、お隣のお母さんとお父さんとその3人姉妹、
父ちゃんの友達ですごくでっかい「じゃんぼ」
ショートショートのようで、主なお話はこの方々で進められます。

よつばの日常を描いたコメディー漫画です。
「日常」というと代表的なのが「サザエさん」「まる子」
どちらも好きですが、「よつばと!」はちょっと流派が違います。
サザエさんは、自分が実際に体験していなくても、「あ、こういうことあった、あった!」
という懐かしい感覚を持てるイメージ。
まる子は「そういえば小学校の時って、こんなこと考えていたよね。」
なんて感情移入できる感じ。
だけど「よつばと!」は、ちょっと違う気がします。
けっして私はよつばちゃんに似ている!ということはないし、
特に自分の幼児時代を思い出すということもありませんでした。
私たちにとって当たり前のことが、幼く、また田舎から出てきたばかりの
よつばにとっては当たり前ではありません。
そんなよつばちゃんの発想に思わずくすりと笑ってしまいます。

また、登場人物もみんな一見普通の人ですが、全員どこか変。
身近にいる人の特徴がどことなく見え隠れしている感じ。

元気でちょっと変なよつばちゃんを見ると、とてもほのぼのした気分になります。
少しくらい落ち込んでいても明日から少し元気になってみる?
なんて、思える1冊でした。
[PR]
by piyoko_hamada | 2004-12-15 11:49 | My Happiness


<< 高級ヨーグルト 朝の出来事 >>