長い一日

11月15日 月曜日 ハレ

今朝、テーブルに置いていた封筒をバックの中に入れました。
そして会社に行きました。

電車を降りて、会社に行く前にポストに投函してしまおうと思い、バックの中の封筒を探しました。
あれ?封筒、どこ?
いろいろ探しますが、封筒の影も形もありません。

おかしいな…、どこいったの?
それが、この封筒、中身は来年に行こうとしている旅行の申込書なのです。
よって、氏名と住所と電話番号はもちろん、パスポートの番号も記入してあります。
これがバックの中にないとなると、どこかで落とした可能性が出てきます。
いい人が拾っていてくれればいいです。
また、普通の人が気にせずにほおっておいてくれて、
そのまま夢の島に行ってくれるならそれもいいです。
しかし、今は個人情報で何が起こるか分からない世の中です。

パスポートの番号で、何ができるのでしょうか。

悪いことをする人は何に使うか分かったものではありません。
きっと私には想像だにつかないようなことに使うにきまっています。
パスポートを取るのにあんなにいっぱい書類が要ったのです。
その番号なのですから何らかの重要な価値があるはずです。

架空請求のはがきや振り込め詐欺の電話があるくらいならまだいいです。
身に覚えのないカードの請求書や借金の借用書が雨あられと降ってくる可能性だってあります。
とにかく、パスポートの番号が何の証明になるのか分からない以上、
最悪の状況を考えるべきです。
来年、旅行どころではなくなっているかもしれません。

急いで旦那様にメールしました。

テーブルの上に、昨日書いた封筒ある?

しかし、1分まっても、3分まっても、5時間待っても返事はありません。
とうとう、そのまま家に帰ってきてしまいました。

家に着くと急いでテーブルの上を見ます。
しかし、封筒はありません。
どうしよう…。
きっと借金まみれだ…。
会社に返済の請求電話が来たらなんて対応すればいいのかな…。
どうしよう…。

と、思っているその時です。
私の携帯電話が光りました。
メールの緑色です。
封筒出しといたよ!
と。
旦那様からです。

…、よかった~。
とりあえず、借金まみれにはならずに済みました。
どうやら、私は朝忙しすぎたせいで、
「封筒をバックに入れなきゃ」が、「封筒をバックに入れた」に頭の中で自動変換されてしまったようです。
思い込みですね。

今日は一日がとても長く感じられました。
月曜日から、とても疲れた一日でした。
[PR]
by piyoko_hamada | 2010-11-15 20:56 | My Happiness


<< 今日?来週? つながった! >>