デジタルとアナログ

12月15日 水曜日 曇り時々晴れ

今月も半分まで来ました。
早いもんです。


仕事も終わり、終業時間になり、そろそろ荷物をまとめて家路につこうかという頃です。
そうだ、明日の天気を調べておこう。
と、思いつきました。
明日のお天気の予報が早いうちに分かれば、何かと心の準備ができます。

例えば、明日の最低気温が訳が分からないほど低い場合、
今日の夜も寒いんだろうな~、御夕飯は何か体が温まるものにしよう。
少なくとも、素麺や冷や奴はやめておこう。
とか、明日の最高気温が息がとまるほどは低くない場合、
明日はそんなに厚着しなくても大丈夫だな~。
と、会社に行きたくない度を少し下げることができ、また、明日がお天気なら、
あ~、明日の朝は頑張って洗濯機、タイマーにしちゃう?
なんて、気合を入れることができます。
どの道部屋干しなのでお天気はそこまで関係ないのですが、まあ、気分の問題です。

と、このようにお天気予報が分かればいいことずくめです。


そう思い、今朝駅で買った新聞を広げました。
一番最後のページの社会面を広げたところで気がつきました。
私、なぜ新聞を広げる?

今朝の新聞に載っているお天気予報を見るくらいなら、
インターネットで調べた方が最新のものが載っています。
大体、当日のお天気予報すら、詐欺級の日がままあるのに、
新聞の朝刊に載る翌日のお天気予報なんて、もはや運とか勘といったレベルです。

自分の行動に多少動揺しながらも気を取り直してインターネットで明日のお天気を調べました。

毎日パソコンを使い、楽天で買い物をし、インターネットバンクを使って振り込みをしています。
そのため、もう私はデジタルの中で生きてるの、やっぱり時代はデジタルだよね~、
なんて思い、現代の文明の利器を存分に利用しているつもりでも、
ふとした瞬間に思わぬ行動をしてしまいます。
どうやら無意識の部分ではまだまだアナログ派のようです。

こりゃ電子書籍もまだまだ敷居が高いな…。
[PR]
by piyoko_hamada | 2010-12-15 20:25 | My Happiness


<< 前途多難な感じ。 今日の義務 >>