暫く行かぬ間に・・・。

8月18日 木曜日 ハレ

暑いですが、生きています。

さて、髪が、伸びてきました。
生きている証拠でもありますが、この暑い中、大変うっとおしいです。
よって、髪を切りに行くことにしました。

前回、前々回と、新規のお店に行きました。
2店、新しいお店に行き、導き出された結論は、
やはり、以前通っていたお店に戻ろう、というものでした。

以前通っていたお店は表参道にあり、
会社帰りに行く場合は、電車に乗らなくてはいけません。
帰りも乗り換えがあり、その乗り継ぎが悪いと1時間以上かかります。
また、美容師さんが一人なので、少々予約が取りにくくもあります。
なので、新しいお店を探すのもいいかな、と思い、新規のお店に行ってみたのです。

しかし、初対面の人に髪形の希望を伝え、
髪を切ってもらい、その上、雑談までしなくてはいけないのです。
元来の人みしりのせいか、この一連の流れは非常に労力を要します。
特に、髪形の説明をするのは非常にハードルが高いので、大抵雑誌を見て、
こういう感じにしてください、といいますが、それを聞いた美容師さんは、
えりあしはどうしますか?前髪はどうします?わけ目は…、
等々矢継ぎ早の質問をしてくるのです。
一度にいろいろ考えなくてはいけないし、この回答により仕上がりが変わってくるかと思うと、
もうどうしたらいいか分かりません。
その点、今まで通っていた美容師さんは信頼が置けるので、雰囲気だけ伝えて、
後はお任せにできるのでとても安心です。

そんな訳で、カットとカラーで約2時間、終わると、もうくたくたです。
表参道からの帰路の1時間とは比較になりません。
で、仕上がりを気に入れば、少しづつ新しい美容師さんに慣れていこうかな、
と思えますが、これがまたそうでもない。

よって、今回から、また以前に通っていたお店に戻ることにしました。
家に帰ってから、携帯電話を取り出し、電話をかけます。

あれ?

電話のコール音が鳴ることなく、電話がつながりました。
と、同時に、

お客様がおかけになった電話番号は現在使われておりません、

と。

え?
辞めちゃったの?
考えられるのは、2通り。
お店をたたんだか、別の場所に移ってしまったか。
どの道、私が以前のお店に戻るという選択肢がなくなってしまいました。

私と年齢も同じで、仲よくしてもらっていた美容師さんだったので、
どうされているのか少々心配でもあり、急にお店がなくなってしまったので、
残念でもあり、さみしくもあり。

とりあえず、また新しいお店を探さなくてはいけなくなってしまいました。
髪は切りたいけど、美容院には行きたくない。
ちょっと複雑な心境です。
[PR]
by piyoko_hamada | 2011-08-18 11:15 | My Happiness


<< のんびりした理由 モンスター? >>