さわやかなパン

8月30日 火曜日 くもり

私は毎朝パンを食べます。
特にどのパンとは決まっていません。
スーパーのパン売り場でその日の気分によって買うパンを決めます。

先日も、パンがなくなってしまったので、スーパーでパンを買うべく、パン売り場に向かいました。
今日は、どれにしようかな~。
今日はスティックパンにしようかな~。
それとも神戸屋のショコラブレッドにしちゃおうかな~。

少し高めなのですが、やはり神戸屋のパンは美味しいです。

なんて心の中でいいながら歩きます。

そんな時、何かさわやかなものが目に飛び込んできました。
水色のパッケージです。
なんだろう?
見たことないパンだ…。
なにかに憑かれたようにそのパンを手に取ります。

パッケージを見ると、なんとカルピス味のパンと書いてあるではありませんか!
なるほど、これは水色のさわやかなパッケージも頷けます。

一体、どんな味がするのでしょうか。
カルピスもパンも美味しいです。
どちらも美味しいのですから、とっても美味しくなるはずです。
私はそのままそのパンをかごに入れることにしました。
次の日の朝を楽しみにしながら家に帰りました。


そして次の日。
カルピスパンを軽く焼きます。
だんだんいい香りがしてきます。
確かにカルピスの香りです。
香りだけではおなかは満たされないので、パンを食べます。

…、…、…、カルピスとパン、別々の方が私は好き、かな…。
プラスとプラスでも相乗効果が必ず出るとは限らないんですね。
[PR]
by piyoko_hamada | 2011-08-30 21:58 | My Happiness


<< 早いもので…。 月曜日の朝から。 >>