羽田空港今昔物語

10月16日 日曜日 ハレ

今日も先週に引き続き、羽田空港で元気に宝探しです。
羽田空港には3つのターミナルがあります。
国内線の第1・第2ターミナル と 国際線ターミナルです。
この3つのターミナルは無料のシャトルバスで移動できます。

ターミナルそれぞれに3つのキーワードが隠されていて、
それを探すのが今回の課題です。

まずは国際ターミナルに向かい、ランチをすることにしました。
国際ターミナルのキーワードはこの前の週末に集めてしまったので、
今日はランチの為だけに国際ターミナルに向かいます。
ターミナルに着くと、大勢の人がいます。
飛行機に乗る人に加え、はとバスツアーであろう団体の羽田空港の観光客もいます。
この団体さん、1つのグループにつき50人近くの人がいて、
そのグループが何グループかいるわけです。
大人の修学旅行という感じでしょうか。

そんな感じでランチをして、国際ターミナルからシャトルバスで第2ターミナルに向かいます。
第2ターミナルは主にANAが使っているターミナルです。
私たちは去年より本格的に貯め始めたマイレージの都合上、
ANAを使う事が多いので、もっともよく利用するターミナルであります。
ここは、近未来的な建物です。
比較的早くキーワードが集まり、そのまま第1ターミナルに向かいます。

第1ターミナルは主にJALが使っています。
かなり前に使ったことはありますが、あまりなじみのないターミナルであります。
いざ、ターミナルに足を踏み入れると…、
あ、なんか古い…。よく言って地方の空港、本音は古いショッピングセンターのような雰囲気で、
ノスタルジーすら感じてしまいます。

考えてみれば、
国際線ターミナルができたのが、つい最近、
第2ターミナルができたのが、少し前、
第1ターミナルができたのが、かなり昔、
なわけです。
昭和の香りがして当然です。

そうはいっても第1ターミナルとて、できたばかりの頃は、
今日見た国際ターミナルのようにターミナル目当ての観光客だって大勢来ていたはずです。

宝探しをしながら時間の流れと栄枯盛衰を感じた一日でした。
[PR]
by piyoko_hamada | 2011-10-16 23:13 | My Happiness


<< 現代文明の功罪 今週の反省 >>