東洋から、西洋へ!

10月27日 木曜日 ハレ

週初より、ちょっと風邪気味です。
なので、旦那様に今日はお夕飯は作れない旨メールして、私は簡単に済ませます。
なんだかおうどんの気分です。
確か冷凍のおうどんが後1食分あったはずです。
それに卵と水菜とわかめとキノコを入れ、土鍋で煮込みうどんを作ることにしました。
よく作りますが、とても簡単で、10分弱で完成するはずです。

でも、お餅入れて力うどんにするのもありだな~、
そういえば、この前しょうがをすって冷凍したから、それも入れよう~、
体温まるしな~、なんてどんどん発想を広げながら家路につきます。
材料は家にあるものでそろいそうなので、今日はスーパーでお買い物をするのはやめました。

家に帰り、材料を冷蔵庫から出します。
まず、水菜としめじ、わかめ、卵、そして冷凍庫からおうどんを出そうとした時です。
あれ?
いつもおうどんを入れているところに、あるべきおうどんがありません。
おかしいな…、違うところに置いたかな…?
しかし、おうどんは出てきません。
そう広くないスペースです。
探す場所なんてたかが知れてますし、隠れる場所なんてありません。
そういえば…、
この前の週末に最後の1食を食べてしまった気がしなくもなかったことを思い出しました。
あれ、最後の1個だったかな…。
ここで、先週食べたおうどんが最後の1個であったかどうかはさして重要ではありません。
重要なのは 「今」 です。
最優先に考えることは、とにかく、今日、私が食べるおうどんがどうやらないであろうことです。
これは困りました。
実は、ご飯もありません。
私、風邪気味なのに水菜としめじで、
仙人のような、世捨て人のような精進料理を食べるのでしょうか。
いま食べたいのはダイエット食ではありません。
これでは治るものも治りません。
どうしたものか…、と思い悩んでいる時、いい考えが思いつきました。
スパゲティーあった!
スパゲティーの栄養素は詳しくは知りませんが、少なくとも水菜のしめじ和えよりも、いいはずです。

幸い、たらこソースもあるので、
茹でたスパゲティーに水菜とレンジでチンしたしめじを和えることにしました。
米国とは桁が違うのでそもそも勝負になりませんが、
イタリアは肥満人口比率が日本の倍以上です。
よって、スパゲティーにはそこそこのカロリーが期待できるはずです。
少しは私の栄養摂取に貢献できたのではないでしょうか。

うどんからスパゲティーへ、
東洋から西洋へ、華麗なる変身です。
[PR]
by piyoko_hamada | 2011-10-27 22:39 | My Happiness


<< お夕飯の献立。 毎年のことではありますが…。 >>