私の想像するOL像

12月12日 月曜日 ハレ

先日書いたとおり、会社でお昼ごはん…ではなく、お昼休みの時間が変わりました。
その後日談を少々。

私の会社では、お昼ごはんを外で食べる人と社内で食べる人が大体半々です。
そして、社内で食べる人の中で、自分の席で食べる人は6割から7割くらいです。
残りの人は会議室で食べています。
会議室には電子レンジと冷蔵庫が置いてあり、お昼休みは食堂になります。
今まで、私は、会議室でほぼ一人でお昼ごはんを食べていました。
同じ部の女性の先輩は、電話当番等々仕事の都合で、あまり席を外せないので、
ほとんど自分の席でお昼ご飯を食べています。
また、会議室で食べれるときも、あまりのんびりできません。
食べながらおしゃべりは出来ますが、ちょっとせわしない感じです。
同じ部の男性の先輩も10分とかからずご飯を食べ終わってしまうので、
ちょっとした会話をするくらいです。
そんなわけで、大抵話し相手はいないので、iPhone でニュースを見ては、
頭の中の私Aと私Bで、こっそり会話しながら食事をしていました。
ですが、今回のお昼休みの変更で少々環境が変わりました。

他の部と全く同じ時間にお昼休みを取るので、
お昼ごはんを食べる時に常に話し相手がいるのです。
これはいいことです。
学生の時に読んだマンガのOLさんは、ランチの時の他愛もない会話に花を咲かせていました。
当時、
あ~、OLさんは、お昼休みも華やかな雰囲気でおしゃれな会話をするんだろうな~、

と、思っていたものです。
私が読んだマンガはそうでしたから。

ところが、いざOLさんになってみると、意外とそうでもありません。
もともと、私の配属された部に女性が少なく、あまり華やかな雰囲気が感じられません。
それに対しての不満はありませんが、
誰にだって、そうあって欲しい、というイメージがあるものです。
アメリカ人は毎日必ずマクドナルドでハンバーガーとコーラを注文するし、
ドイツ人は飲み会といえば2時間延々ビールとウインナーだけだし、
フランス人はフランスパン以外、例えばレーズンバターロールなんて決して食べないはずです。
よって、OLさんはお昼休みには華やかにランチを取るべきです。

私も働き始めて早十年。
やっと、OLさんの仲間入りができてきた感じです。
[PR]
by piyoko_hamada | 2011-12-12 20:40 | My Happiness


<< 頑張る方向。 お蕎麦屋さんにて。 >>