朝の出来事

5月8日 火曜日 クモリ時々晴れ

GWも終わり、いとも簡単に日常生活が戻ってまいりました。
GWは例年通り遊び呆けておりましたので、これまた例年通り社会復帰に難儀しております。

私が難儀しようがしまいが、時間は非情にも時を刻んでいきます。
まあ、刻々と金曜日に近づいていると思えばうれしい限りです。
ただただ、時が戻せないのが残念でなりません。

それはさておき、今日朝の電車の中で大変気になる出来事がありました。
車内に、私からは見えませんが、すぐ近くに女子高生の2人組がいました。
見えなかったので、正しくは、「いたようです。」です。
また、声だけで判断したので高校生というのは私の主観的判断です。

彼女たちの会話が聞こえてきました。
もちろん、聞きたくて聞くわけではありません。
ただでさえ、話し声の少ない車内です。
そばで話をされると、例え大きな声でなくても聞こえてしまいます。

その会話というのが、

女子高生A:昨日ね、先輩に『大切な話があるので、○○時に、○○に来て下さい。』って、言ったのよ!

女子高生B:え~!先輩を呼びだしたの?!

どうやら、察するに女子高生Aが、好きな先輩を呼びだしたようなのです。
これは、続きが気になります。
バラエティー番組などで乱発されている、
「続きはCMの後で!」なんてものとは比べ物にならないくらい気になります。

と、その時、丁度駅に着きました。
その駅はそんなに大きな駅ではなかったので、
乗降する人もそんなに多くはありませんが、それでも人は動きます。
そのざわめきに紛れて、女子高生の声が聞こえなくなってしまいました。
ですが、先ほども書いたとおりそんなに大きな駅ではないので、
停まっていた時間も、ものの1分ほどです。
女子高生も遠くに移動してはいなさそうです、これなら話に再度乗ることができるはずです。
と、ドアが閉まるのを心待ちにしておりました。

で、再開された会話が、
女子高生A or B : え~、忘れたの?それ、電話して届けてもらった方がいいよ。

同女子高生A or B : うん、でもうちのお母さん、怒って届けてくれないと思うんだ~。あはは~。

同女子高生A or B : あ~、ウチは怒って届けてくれるタイプかも~。


話の中心は、確実にお母さんが怒るか怒らないかに移動しています。

あれ?先輩、どこ行っちゃった?
朝から気になることができてしまいました。
どなたか、その先輩をご存知の方はおられませんでしょうか…?
[PR]
by piyoko_hamada | 2012-05-08 23:08 | My Happiness


<< 竜巻について コカコーラと三ツ矢サイダー ~... >>