初夏のパン祭り 3日目

6月30日 土曜日 ハレ

今日はパン祭り最終日です。
泣いても笑っても今日が最後。
有終の美をかざる所存です。

今日はウィンナーブランチというパンでした。
パンの中にウィンナーが入っているお総菜パンです。

昨日と一昨日のおかげか、今日はより余裕を持って授業に臨めました。
それでも授業が終わるともうぐったりです。
当初、今日授業を2コマ受講するつもりでしたが、
そんな決意はパン祭り初日にとっくに何処かへ流れ去っています。

家に帰り、ウィンナーブランチは、私と旦那様のお昼ごはんに、
昨日のイタリアンリーフは夜、私のビールのおつまみに、
一昨日のパン・ド・ミーは切って冷凍にしました。

こう書くと、パンを作るのは面白くないような印象を与えてしまったかもしれませんが、
パンを作ること自体は楽しいです。
材料をを混ぜてこねて段々と生地になってくる過程、醗酵させて膨らんだ生地をパンの形にする作業、
そして何より、焼き上がってオーブンを開けた時の暖かくていい香り、
何かを作るというのは楽しいな、と純粋に思う事ができます。
また、オーブンから出したばかりのパンを食べることができるのは作った人だけです。
この瞬間、とても贅沢な気分になれます。
まだ湯気が出ているパンを食べると、どんなに有名なパン屋さんのパンよりも美味しいと思えます。
と、総括すれば優雅で幸せな3日間でした。

最後に、今回のパン教室で得られたものは、対外的に、
自分でパンを焼くことができる(焼いたことがある)。
と、胸を張って主張できる、という点、また、
人には向き不向きというものがあると、
身をもって実感できたことです。

新しい趣味を探すことは難しいです。
[PR]
by piyoko_hamada | 2012-06-30 19:34 | My Happiness


<< パンダの毛皮 初夏のパン祭り 2日目 >>