缶と瓶

7月31日 火曜日 ハレ

よく、缶ビールよりも瓶ビールの方が美味しいと思う、という声を聞きます。
私が小さい頃はチチは瓶ビールを飲んでいました。
当時、酒屋さんが家までケースで配達してくれていました。
しかし、私がアルコールをたしなむような年齢になると、そのような酒屋さんはなくなり、
もう瓶ビールは少数派になっていました。
現在、瓶ビールどころかビール自体が少数派になりかねない事態です。
ビール業界の危機については私も憂慮していますので、
日々微力ながら援助している状態です。

それは置いておいて、先日、瓶ビールと缶ビールに関しての面白い記事を読みました。
要旨は以下の通りです。

ビールは屋外で飲むことも多く、
専用の貯蔵庫や冷蔵庫を必要とするようなワインとはちがい、雑に扱われがちである。
が、しかしビールは実は非常に繊細な飲み物である。
他の飲み物と同じように、温度変化と振動に弱い。
一般的に、瓶は割れものなので運搬等の際、丁寧に扱われるが、
缶は多少の衝撃では壊れない。
缶は瓶に比べると雑に扱われがちで、このため味が落ちてしまっているのではないだろうか。


ということでした。

その記事では後半でビールの保存方法にも触れていました。
冷蔵庫の扉に入れるのはNG。
温度変化と振動が一番多い場所だからです。
一番いいのは、冷蔵庫の奥に立てて置いておくことだそうです。
我が家では、冷蔵庫の扉には入れていませんが、寝かせて置いていました。
空気に触れる面が少ない方がよいので、立てておいた方がいいそうです。
冷蔵庫の状態によっては、野菜室に入れることもあります。
野菜室は振動が多いと思うので、あまりビールの保存には適していないと思いました。

よし、我が家も冷蔵庫の奥に立てておこう、と思ったのですが、一つ問題があります。
我が家の冷蔵庫、棚を一つ外さないと、500ミリの缶は立てておけないのです。
我が家では大抵500ミリのビールを買います。
350ミリは少し少ないです。
350ミリだと、
1缶だと足りないな~、もう一本飲んじゃおうかな~。
という流れになります。
結局、500ミリ缶を飲むよりも多く飲むことになってしまいます。
これは検証済みなので、ほぼ確実に起こる現象です。

しかし、これでは美味しいビールが飲めません。
今のままでも十分おいしいから、まあいっか♪
と思わなくもありませんが、よりおいしいにこしたことはありません。
かといって冷蔵庫の棚を一つ外すとそれはそれで不便です。
一体、私はおいしいビールを飲むために、どうするべきなのでしょうか?

冷蔵庫の買い替えも視野に入れ、今後の対応を考えたいと思います。
[PR]
by piyoko_hamada | 2012-07-31 21:30 | My Happiness


<< 大阪の観光について。 大阪に行ってきました。 >>