大阪の観光について。

8月6日 月曜日 雨

久しぶりに雨が降りました。
ちょっとじめじめしますが、少し暑さが和らいだ気がします。

さて、先週末に大阪に行った話を書きましたが、その話を先週のお昼休みに同期の女の子にしました。
週末、ちょっと用事があって大阪に行ったんだけど、
その時ついでに観光もしてきたんだ~。
暑かったよ~。
と、いうような話をしました。
それに対する反応が、
え、大阪の観光?
それってどこに行くの?
と。

大阪観光の存在自体の否定です。
私は、大阪観光といえば大阪城と通天閣と道頓堀のグリコであると必死で弁明しました。
また、思いもよらず道頓堀には食いだおれ人形もいた旨説明しました。
以前テレビでどこか別の場所に移動したような話を聞いていたので、
もう道頓堀にはいないものと思っていたのです。

にもかかわらず、彼女の判決は
「大阪城は当時の物ではなく現代建築である。
また、その他の物はわざわざ観光するに値せず。」
という大変厳しいものでした。
ほぼ完璧で綺麗な全面敗訴です。
大変厳しい判決ではありますが、大阪城に日本人がほとんどいなかった、という事実とは合致します。

家に帰り、この話を旦那様にしたら、
そうだね、大阪はあんまり観光する場所じゃないかもね。
今回で大阪の観光はし尽くしたと思っていいと思うよ。
と。
え、そういうものなの?
旦那様の場合、大阪観光の存在自体は認めていますが、
その価値はいまいち認めていないといったところです。

旦那様と問答した結果、大阪は観光よりも食い倒れの街であるという結論になりました。
今度行く時は、お腹を極限まですかせて行くべきだと思いました。
[PR]
by piyoko_hamada | 2012-08-06 13:16 | My Happiness


<< 暦の上では・・・という話。 缶と瓶 >>