チチの話。

10月14日 日曜日 クモリ後アメ

最近、週末といえば必ず雨が降っているような気がします。
なぜ、もう1日待てないのでしょうか。

今日は、旦那様は大学の時のお友達と飲み会だったので、私は久しぶりに実家に帰ることにしました。
今年はなかなか実家に帰れず、気がつけばお正月以来だったりします。
もっとも、チチとハハとは外で会っているので、そこまで久しぶりではありません。
久しぶりの実家ですが、まあ大した変化はありません。
プラズマクラスターの空気清浄機があったことくらいです。

久しぶりに帰省したので今日はのんびり実家で過ごすことになっています。
チチと弟はお昼過ぎまで草野球の練習があり外出していました。
2時近くに帰ってきて、ご飯を食べてからチチが、
ちょっと買い物に行ってくると言い家を出ました。
散歩がてら、電球とアスパラを買ってくるようハハに頼まれたのです。
小1時間ほどして、チチが帰ってきました。
散歩がてら、一番近いスーパーではなく少し遠いスーパーに歩いて行ったようです。
帰ってくるなり、
お前の家では鯛なんて高いから食べられないだろう。
買ってきたから持って帰りなさい。
と。

いろいろと突っ込みどころがあるので順を追って話をしたいと思います。

まず最初に、我が家ではあまり鯛は買いません。
共働きの我が家で買えないほど高いというわけではありませんが、
確かに値段の割にボリュームがなく、ご飯のおかずになりにくいことも鯛を買わない一因です。
しかし、これは序章です。
本題に入ります。
「私、生の魚、持って帰るの?」です。
今日は私は実家でお夕飯を食べて帰ります、旦那様も飲み会なので食べません。
そうなると明日以降のお夕飯になります。
また、実家から我が家までは電車の接続が悪いと1時間半ほどかかります。
いくら夏ではないとはいえ、生の魚は早めに調理すべきです。

次行きます。
先述の理由から鯛を買ったことがありません。
サンマやアジやイカなら生の物を買っても私が処理できます。
ここらへんの魚介は完璧です。
切り身のお魚ももちろん守備範囲内です。
しかし、海で泳いでいるままの姿の鯛を持って帰って、私はどうすればいいのでしょうか?
焼く?煮る?洗ってそのままでいいの?ワタは?次々に疑問がわいてきます。
私は混乱していると、弟が、
あ、俺1個食べたい。
と。
1個じゃなくて1匹でしょ。と、心の中で思いながら弟を見ると、
鯛ではなくタイ焼きを美味しそうに食べています。
私とハハのいるところからは丁度チチの買ってきたものが見えない角度だったのです。

なのでハハも、
もう、鯛なんて紛らわしい言い方をするから!
どうせこの子は鯛なんて料理したことないんだから、
煮つけにして持って帰らせるしかないかな、って思ったじゃない!!
と。
さすが親子です、心配するところが大体同じです。
しいて言えばハハの方が対応策も考えてあるところが年の功です。

今回もまんまとチチにしてやられました。
確かに大まかなくくりで考えればタイ焼きも鯛の一種と言えないこともありません。
私とハハと弟の視線を考慮した上での確信犯です。

やられた…、と思いながら、残りの「鯛」をもらって帰り、美味しくいただきました。
[PR]
by piyoko_hamada | 2012-10-14 23:27 | My Happiness


<< 衣替えに当たって。 天空散歩です。 >>