爪を切る時。

12月12日 水曜日 ハレ

2012年12月12日。
あ、イチニ、イチニ、イチニ、だ。
行進だ。

男性陣にはピンと来ないかもしれませんが、爪を切ったあとは非常に神経を使います。
爪を切ること自体は簡単です。
日本の爪切りは優秀だそうで、海外からの旅行者のお土産としても人気があると聞きました。
どうやら海外ではハサミのような爪切りを使っているようです。
ハサミで爪を切る・・・、外人さんの器用さには脱帽ですが、なんて恐ろしい・・・。

海外の爪切り事情は置いといて、日本女性の爪切り事情に話を戻します。
爪を切った後、きちんと爪切りについているやすりで断面を滑らかにしておかないと、
いろいろと大変なことになります。
今日、いろいろと大変なことになりかけました。
朝、着替える時にストッキングをはきました。
あ、と思った時にはもう手遅れでした。
足の爪がストッキングに引っ掛かっています。
どうやら昨日、足の爪を切った後のやすりの掛け方が甘かったようです。
う、と思ったら今度は手の爪が引っ掛かります。
どうしよう・・・、このまま、
と、数分後のことを思うと不安がよぎります。
このまま、
えいっ!
と、手足を無闇に動かすとその後のストッキングは確実にゴミ箱行きです。
原因は伝線になります。

なので落ち着いて手足を動かします。
まだ軽く引っ掛かっているだけなので、
また、ちょっと厚めのストッキングだったので、幸い大事には至っておりません。
何とかかんとか無事に朝の着替えを終えることができました。

今朝は時間に余裕があったはずでした。
が、しかし、慣性の法則でしょうか?
気がつけば、ちゃんといつもと同じぎりぎりの時間になってしまいました。

次に爪を切る時は念入りにやすりをかけたいと思います。
[PR]
by piyoko_hamada | 2012-12-12 00:19 | My Happiness


<< 2013年です。 年末のご用事 >>