水で顔を洗おうという決意。

1月21日 月曜日 ハレ

なんだかバタバタしておりましたが、1月も半分以上が終わってしまいました。
春も近いですね。

そうは言っても毎日寒いです。
ですが、この寒い中、私、毎朝水で顔を洗っています。

ことの発端は昨年の10月ごろ。
何で見たかは忘れましたが、
如何にお湯で顔を洗うのがお肌にとってよくないかという事が書いてあるコラムを読みました。
要旨を書くと、お湯で洗うと顔のうるおい保湿機能成分が洗い流れてしまうそうです。
そう言えば台所でお湯を使うようになると一気に手荒れが進行します。
お湯を使うまではハンドクリームも何となく少しだけつけていればよかったのに、
お湯を使うようになると、本気でぬらないと手が荒れてきます。
これはいけません。
なので、今年の冬は朝はずっと水で顔を洗おう!と、決心したのです。

11月中は余裕でした。
ああ、目が覚めるなあ、というなんともほのぼのとした感想です。
季節は進み、12月。
最初、水を触る時に勇気がいるようになってきました。
冷たいよね、冷たいよね、
もしもこのまま顔を洗って、水が冷たくて心臓麻痺でしんじゃったらどうしよう。
旦那様は起きてくるまで後1時間以上かかるから、多分病院は間に合わないよね。
ああ、可哀そうな私。と、真剣に考えるようになってきました。

12月半ば、あまりの水の冷たさに手が痛くなってくるようになりました。
その時、ふと、水で洗うのはいいことだが、冷たすぎてすすぎがおざなりになり、
石鹸が残ったままになるのが一番良くない、
という事が書いてあったコラムを随分前に読んだことを思い出しました。

そうだ、それはよくない。

そう思い、当初の決心を少しぶらし、水だけではなく少しだけお湯を使うことにしました。
政治でもなんでも、臨機応変という言葉は大切です。
そして現在に至ります。
心持か、お湯の分量が増えてきている気がしますが、
一応まだ私の中では「水」という範疇の温度で顔を洗っています。

すんなりお湯で洗った方がストレスも少なく、快適に洗えます。
ストレスが少ない方がお肌には良いような気がしないこともありません。
一体、トータルで見た場合、どっちがいいのでしょうか。
ちょっと決心が揺らぎそうな今日この頃です。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-21 22:10 | My Happiness


<< 日本弱体化計画? 節分の季節がやってまいりました。 >>