我が社の非常食について

6月19日 水曜日 曇り

むしむしします。
梅雨ですから。

さて、お昼休み、同期の女の子と会社でランチをしていました。
その時の話です。

彼女は辛いものが苦手です。
一味はもちろん、からし、マスタード等々東西の辛いものが食べられません。
私も辛いものは好きですが、激辛!とか極辛!!なんていうものはあまり得意ではありません。
味が分からなくなり、頭の皮膚にまで汗をかき、
結局胃が痛くなって、動けなくなる、といったことが数度あります。
ただ、時々無性に辛いものが食べたくなり、どうなるか分かっているのに、今日は大丈夫かも、
と淡い期待を抱き激辛マーボー豆腐を食べるのですが、
やはりいつも通り胃が痛くなり、動けなくなるのです。
好きだけど不得意なわけです。

ですが、彼女は辛いものが嫌いなうえに不得意なので、普段から食べることはないそうです。
が、しかし、彼女がお昼ご飯にコンビニで買ってきたおにぎりに、
事もあろうか一味がかかっていたのです!
鶏のもも肉を甘辛く煮たものが具になっていました。
お店で手に取った時は気がつかなかったようです。
彼女は、
何でこれに一味かけちゃうかな!もう。
最近、何でもかんでも辛いものばっかり!!
と、少々ご立腹です。
彼女曰く、
課長がさ、「カレーってみんな大好きだよね。
やっぱり備蓄食料はカレーだよね。」って、嬉しそうに言ったんだよね。
と。
たしか、東日本大震災以降、
企業は社員の何日分かの備蓄食料を用意しなくてはいけないというような話を聞きました。
忘れていましたが、ウチの会社も企業でした。

段々、彼女の口調が険しくなります。
でさ、続けて「夏の暑い時に辛~いカレーを食べると汗かいていいよね~。」
とかって言いだして。
でね、「私はカレーがあまり好きではありませんし、
地震で家に帰れない時にそんな刺激物食べたくないです。」って言ったんだ~。
体も心も弱っている時にカレーとか食べたくないんだけど。
と。
そういえば、非常用の備蓄食料にはレトルトのお粥のようなものがいいという話を聞いたことがあります。
お湯だけで食べられますし、消化もよくて体に優しいです。
と、言うようなことを私が話したところ、彼女も、
でしょ!夏の暑い日の自分の好みと非常食を一緒にしないでほしいんだけど!!
と。
結構すごい剣幕だったので、私のデスクの中には、非常食として温めなくても食べられるカレーと、
お水で戻るお米が入っています。とは言い出せなくなってしまいました。

結局、我が社の備蓄食料が何になったのか聞いていないのですが、
早々に、私のデスクにレトルトお粥も加えておかなくては・・・。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-06-19 14:38 | My Happiness


<< 頑張れること、頑張れないこと。 数えていましたが…。 >>