理想と現実

7月29日 月曜日 雨のち曇り

週末、霧ケ峰高原にハイキングに行ってきました。
お天気もよく、とても楽しい旅行でした。

で、週末家の事が何もできなかったので、今日は帰宅後、洗濯と掃除です。
洗濯機を回してから、図書館に本を返しに行きます。
ああ、忙しい・・・と思いながら家を出ます。
図書館までは徒歩1分ほどなので、すぐに着きました。

本を返却し、山歩きのコーナーと、旅行ガイドブックのコーナーを見ます。
秋に行く紅葉トレッキングツアーの候補地を絞っておきたいのです。
新しい情報はインターネットで見られますが、
大まかな計画を立てる時は本の方が使い勝手がよいので、よく図書館から借りてきます。

最初に、旅行ガイドの新着図書コーナーを見ます。
新着図書コーナーはなかなか面白いです。
小説の新着図書は貸し出されていたり、予約で満員御礼だったりしますが、
旅行ガイドコーナーだとあまりそういう事もありません。
意外と最新スポットのガイドブックがあったりして結構充実しています。

気になる本があればそのまま席に持っていき、書店と違い座って立ち読みできるのも図書館の魅力です。
そんな新着図書コーナーで、とてもすてきな本を見つけました。
その名も、
「モルディブ」
念の為ですが、数年先まで、いっさい渡航する予定はありません。

なのに何故か、何かに取り憑かれたようにその本を手に取ります。
はやる気持ちを抑え、中を開きます。
なんて目に優しい本なんだ、と思いページをめくります。
どのページにも青や緑のきれいな海が載っています。
いてもたってもいられなくなってきました。
道祖神が私を呼んでいます。
ああ、行かなくては・・・、と思ったところで、図書館の「閉館時間が近いですよチャイム」が鳴り、
ふと我に返りました。
いやいや、今日は山歩きの本を探しに来たんだから、
とそのまま本は棚に返し、山歩きコーナーに向かいました。

ああ、海の色きれいだったなあ、山もいいけど、やっぱりビーチのリゾートもいいなあ。
と、クリームたっぷりのケーキを食べたいけど、フルーツ盛りだくさんのタルトも食べたい、
あ、隣のお店にはパンケーキもある、というような精神状態のまま家に帰ってきました。
言葉に表すと、
あ~、ど・れ・に・し・よ・う・か・な~?
という感じです。

空想旅行でしばし、幸せな気分に浸れましたが、いかんせん現実は厳しいもの。
とりあえず、先立つものを確保するため、明日から仕事を頑張ろうと思いました。
宝くじ当たらないかなあ・・・。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-07-29 23:56 | My Happiness


<< 新しい靴を履こう 霧ヶ峰に行ってきました。 >>