肉じゃが・カレー祭り

8月1日 木曜日 雨のち曇

明け方にかけて、意外と涼しい日があります。
風邪を引くほどではないのですが、今年は過ごしやすい猛暑なようです。

さて、今日は旦那様がご飯を食べなかったので、残り野菜で簡単にチャーハンを作りました。
夏になり、野菜の日持ちが悪くなってきた気がします。
なので、買ったらとにかく最短で使いきるように心がけています。
おかげで、我が家の野菜室はビールと
素麺(本来は常温保存かと。我が家には他に置き場がないので・・・。)が大半を占めています。
夏らしい冷蔵庫ですね。

と、思っていたのですが、本日、実家よりタマネギとジャガイモを大量にもらってしまいました。
念の為ですが、我が両親は特に農業に従事していません。
実家で、より大量にジャガイモとタマネギをもらってしまい、それが我が家にも流れてきたのです。
本来この2つは常温保存です。
が、しかし、近代住宅の我が家は密封性が高く、窓を閉め切っている昼間は高温になります。
なのに部屋で常温保存はいかがなものなのだろうか?と。
このため、冷蔵庫の野菜室に入れています。

野菜室は2重構造になっており、スライド式の引き出しがついています。
引出しには細かいもの、使いかけの野菜等入れています。
根菜やキャベツ等重たい野菜、ビール、素麺は下の段に入れています。
もらったタマネギとジャガイモは根菜なので、下の段に入れました。
この結果、下の段の左半分はビール、右半分の手前半分、(つまり右手前1/4)にタマネギ、
奥半分(これは右手奥1/4)にジャガイモ、という大変重量感のある引出しになってしまいました。
確か、じゃがいもとタマネギって近くに置いちゃいけないんじゃなかったっけ?
などと思いましたが、狭い庫内で少しくらい離しておいたところでさしたる違いはないだろうと思い、
この記憶は端っこに留めておく程度にすることにしました。

ふと気がつけば、桐の箱に入った素麺がジャガイモとタマネギの下に敷かれてしまっています。
あ、ひょっとして、素麺取れない?いえ、取れないことはありません。
少しだけ下に埋もれてしまっているだけです。

この素麺、少し前に頂いた、揖保の糸の黒帯です。
ちょっと高級な素麺で桐の箱に入っており、結構場所を取ります。
ですがとてもおいしい素麺です。
ちなみに、手延べ素麺には「製麺技能士」という国家資格があるそうです。
もっとも、資格がなくても作るだけなら問題はない様ですが、
国家資格保有者が作った方がなんとなくすごそう、というニュアンスでしょうか。
素麺という庶民的な食べ物だけど、弁護士・会計士・医師と同じ国家資格保有者が作る。
このバランスがなんとも言えません。

話を元に戻すと、結局我が家の黒帯はジャガイモとタマネギに覆われてしまいました。
週末、恐らく素麺を食べるので、その時に救出予定です。
それまでにジャガイモと玉ねぎを減らしておかないと。
来週はカレー祭りか肉じゃが祭りになりそうです。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-08-01 23:46 | My Happiness


<< 前向きに生きましょう。 新しい靴を履こう >>