時空の間に。

12月10日 火曜日 くもり

だんだん寒くなってきました。
冬本番も近いです。
会社帰りに買い物をして家に帰り、買ったものを冷蔵庫に入れ、
洗濯物を取り込んで、ふ~ぅ、と一息つき、
居間の置時計を見ると、何と7時10分。
え?今日は買い物もすぐに済んだし、まだ6時半くらいだと思ったのに!もう7時10分?

私の体感と実際の時間に30分以上の開きがあります。
帰りはいつもと同じ電車に乗り、特に遅延もなく駅に着きました。
買い物も、買うものは決まっていたので、すぐに終わりました。
どんなに譲っても7時を過ぎているわけがありません。

ひょっとして時間のはざまに落ちて、私だけ異空間に移動して、時間の進みがおかしくなった?!
と、思いながら時計を見ると、秒針が止まっています。
あ、電池、切れたのね。

空間が歪んだのでも、時空のはざまに落ちたのでもなかったようです。
とりあえず私の周りの時間が正常に進んでいること、
今後は今流行りの中二病に気をつけなければならないことを確認しました。

しかし、何故か時計を振るとカラカラという音がします。
電池を替えるために裏を開けたところ、電池がすとんと落ちてきました。
あれ?電池を入れるところが心持か少々大きくなっています。
単3電池を入れるにしては少し大きいなあ・・・。
ひょっとして、ブロークン?
そうういえば思いあたるところがなくもありません。
今朝、コートの裾を引っ掛けてしまい、時計を落としてしまったのです。
朝、家を出る直前だったので、7時10分くらいだったと思います。
時計が止まっている時間とも丁度合致します。

そういうことか・・・。
10年以上使った時計だったので愛着もあり、
ちょっと残念ですが心の中でお疲れさまでした、と言いました。
いくら携帯電話で代用できるとはいえ、あるべき場所に時計がないのはちょっと不便です。
早々に買ってこよう。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-12-10 12:14 | My Happiness


<< 銀行今昔。 今年の年末 >>