続・フロア移動に関して。

5月13日 火曜日 雨時々曇り

昨日に続き、フロア移動の話です。
私と部長の席は、1メートル弱平行移動します。
少しづつ引きずればいいので、荷物も机から出さなくていい予定です。
そうはいってもスペースは狭くなるので不要な物の処分は必要です。

私は早々に終わらせました。
今まで特に不便がなかったので処分してこなかったものをこれを機にすっきりさせました。
が、しかし、部長がいつまでたってもどうにもこうにも荷物を減らそうとしません。
古い新聞の切り抜き等段ボール箱いっぱいに詰まった思い出が何箱もあり、
いまだに発掘され続けています。
新たに書庫や倉庫の奥を見てみると部長スペースが少しづつ発見されるのです。
これ、どうするつもりなんだろう?と、思ってもストレートに言いにくいので、
引越しまでに荷物まとまりますか?お手伝いしましょうか?
と、言いました。
私は日本人なので、
あんまり日がないんで、とっととちゃっちゃと片付けて下さい。
この新聞の切り抜きや雑誌、もう何年も見てないですよね、捨てますよ。
という、本音は隠しておきます。
すると、部長が、
そうなんだよね。
でもね、俺にはどこに何があるかよくわかってるから、
あんまり物を動かしたくないんだよね~。
と。
思わず、
のび太くんも全くおんなじことを言っています。と、言葉が出てきました。
部長は、
の・・・のび太君か・・・。
そっか・・・。
と。
そしてそのまま何事もなかったかのようにどこかに行ってしまいました。
引越しに間に合わなくなっても絶対に手伝ってやるものかと思いました。
[PR]
by piyoko_hamada | 2014-05-13 12:53 | My Happiness


<< サザエさんです。 よしわるしなこと。 >>