祝日の意義につて

9月22日 月曜日 ハレ

明日お休みです。
どうせなら今日もお休みならいいのに。

先日、ちょっと不思議なニュースを見ました。
7月の第3月曜日の祝日「海の日」に関してです。
なんでも、
本来、海の恩恵に感謝しましょうという日なのに、
ハッピーマンデーにしてから祝日の意義が薄れてきている。
これはいかがなものだろう、
本来の7月20日に戻すべきではなかろうか。
という趣旨の話が偉い人の間で出ているとのことです。
と、いうニュースです。
・・・、祝日なんて、そんなもんじゃないの?

敬老の日しかり、勤労感謝の日しかり、
今日、何の日で休みなんだっけ?
なんて会話、お正月以外ではそんなに珍しくありません。
たとえ何の日であったか知っていたところで、もともとどんな意味があったかなんて、
詳細に理解している人がどれほどいるのでしょうか。

本来の日にちに戻したところで祝日の意義が浸透するわけがりません。
また、海の恩恵にあずかるためには、ある程度遠出しなくてはいけない人も多いはずです。
それなのに、3連休でなくしてしまうことは
本来の祝日としての意義と相反するのではないでしょうか?

まあ、本音は、
もしも7月20日に戻した場合、
土曜日とかぶっちゃったら、一日休みが減っちゃうじゃん!!

なんですけどね。
[PR]
by piyoko_hamada | 2014-09-22 19:23 | My Happiness


<< 夏と秋 上野に行きました。 >>