電化製品に呪われた日。

5月23日 月曜日 ハレ

旦那様が今日から出張なので、私は里帰りすることにしました。
実家のパソコンのプリンタのインクもないということなので、ついでに見ることにしました。
実家に帰り、プリンタのインクを変えようとしたら、説明書がないので、よく分かりません。
普通に交換するのではなく、今回はインクが乾いてしまったためなようなので、
強制交換になります。
仕方ないので、私も強制的にカートリッジをかえることにしました。
ガタッ、ブ、ブィーン・・・
ちょっとすごい音がします。
今までカートリッジを交換してこんな音は聞いたことがありません。
おう・・!!
プリンタのランプが一斉につきはじめました。
いっぱい点いた赤いランプを見るとちょっとびっく!とします。

びっくりして、とにかく電源を切りました。
ぷちっ。
ひとまずこれで一安心ですが、プリンタが壊れちゃったらどうしよう・・・。
なんて心配しながら電源を再び入れ、ためしに印刷してみたらきちんと印字されてます。
よかった・・・。
と、何事もなかったかのようにその場を後にしました。

だけど、今日はこれだけではありませんでした。
チチが会社から仕事用の携帯を持ってきました。
私用はau、仕事用はドコモなので、メモリが簡単に移せません。
パソコンを使えばできるようですが、それもよく分からないので、手動でコピーします。
そんなに件数もないので、簡単に終わりました。
で、問題はその後です。

ちょっとさわっていたら、はからずもダイヤルロックのボタンを押してしまいました。
あっ。
っと思ったらもう遅く、無常にも、
ダイヤルがロックされました。
との事。

ダイヤルロックがかかると大抵は暗証番号が分からないと解除できません。
自分の携帯の暗証番号すら忘れてしまう事があるのにのに、
他人の暗証番号なんて分かるわけが分かりません。
チチに聞いたら、
090・・・
と、携帯電話番号を言い出す始末。

何度か試しましたが、やはり無理です。
仕方ないので、チチに明日会社で聞いてもらうことになりました。

まったく、今日は電化製品と相性の悪い日でした。
今日は他人の携帯をむやみにいじくらない、と思いました。
[PR]
by piyoko_hamada | 2005-05-23 23:41 | My Happiness


<< 閉所恐怖症 クッキー事件 >>