閉所恐怖症

5月25日 水曜日 ハレ

水曜日は映画の日です。
なんと、多くの映画館で1000円で見れてしまいます。
だから、今日はハハと有楽町シネカノンと言う映画館で、
スカーレットレターと言う韓国映画を見ることにしました。
あまり多くの映画館で上映されていません。

以前、甘い人生を見た映画館です。
指定席の映画館ではなく整理番号付きの入場券を買い、
その番号の順に、入場できます。
前回はビリのほうの数字だったので、今回は6時40分からの回だったのですが、
念のため、お昼休みに買いに行くことにしました。
会社から10分ほどの距離なので、そんなに大変ではありません。
受付で入場券を買うと整理番号は7と8番です。
もうすでに6人の人が買っています。
少しびっくりです。
6時25分までにロビーに来るように、とのことでした。

会社が終わって、用事を済ませて、映画館に向かいます。
6時過ぎだったのですが、エレベーターは女性でいっぱいです。
仕方ないので、7階までエスカレーターでのぼることにしました。

ロビーも女性でいっぱいです。
ロビーでハハと待ち合わせです。入場時間の数分前にハハが来ました。
すごいね~。

すごいでしょ~。
なんていいながら開場時間になったので、人ごみをかき分けて、一番に入場しました。
ちょっと優越感です。

さて、映画の方ですが、おもしろかったような、微妙なような・・・。
評価としては、ん?いまいち・・・?

ただ、後半で、主人公と不倫相手の女の人が
狭いところに閉じ込められてしまうシーンがあったのですが、
私は実は狭いところが苦手です。
よくプールにある上がおおわれている、筒状のウォータースライダー
あれが苦手です。
息が苦しくなる気がしてしまいます。

映画を見ながら、もしも私も閉じ込められたらどうしよう・・・、
なんて考えると息が苦しくなってくる気がしてしまいます。
どうか大きな地震が起こっても狭いことろに閉じ込められることがありませんように・・・。
目下一番の心配事です。
[PR]
by piyoko_hamada | 2005-05-25 11:39 | My Happiness


<< アクアスタジアム 探検日記... 電化製品に呪われた日。 >>