運命の時

10月14日 金曜日 くもり

とうとう運命の日です。
私の歯茎か切られるかどうかの決断の下される日です。
が、朝になってもハレが少ししか引いていません。

ちょっと憂鬱になりながら歯医者さんに行きました。

名前が呼ばれて診察室に入ります。
どうですか?

それが、ハレが引かなくて・・・。

どれどれ。
先生が私の口を覗き込みました。
う~ん。これは、自壊(多分この漢字です。)してるな~。
少し様子見てみる?

はい!
後から説明してもらったところによると、自壊とは、自然に膿が出てくることだそうです。

そして、どうやら私は今日も消毒をするだけで済ますことができたようです。

このことを帰ってから旦那様に報告をしたら、
切ってもらった方が早くなおりそうだからよかったんじゃないの?

・・・、・・・、・・・。
などと、非人道的な発言です。
とても、心配をしているようには見受けられません。

いいの、痛くないほうが、どれだけ時間かかってもいいの。
と、心の中でつぶやきました。

だけど、歯医者さんで、最後に先生に、
ハレが気になって歯磨きがしにくいんですけど、
どうすればいいですか?
と、聞いたところ、
あ、別にそこのハレはもう切れても平気だから、じゃんじゃん磨いちゃっていいよ~。
もしもハレが割れちゃったら血が出るかもしれないけど、
イソジンが何か市販のうがい薬でうがいしとけばいいから~。
との、かる~いお返事。

私はこのために約5日も努力したのに、そんなもんなの?

世の中世の中冷たいです。
[PR]
by piyoko_hamada | 2005-10-14 23:32 | My Happiness


<< 憧れの久兵衛 プリン >>