散骨について思うこと。

10月18日 火曜日 雨のちくもり

なかなかカラリと晴れません。

昨日の夕方から旦那様がお腹が痛いと言っていました。
今朝も旦那様が寝ている時間に家を出てしまったので、
会社に来てから旦那様にメールをしたところ、会社を休んだそうです。
これは大変です。
旦那様は、普段、私と違いあまり会社を休みません。
よっぽど具合が悪いに違いありません。

家に帰ったら口から泡を吹いて死んでたらどうしよう・・・、という不安が頭をよぎります。

そこで、先日テレビで見た散骨について思い出しました。
今、散骨を希望する人が増えてきているそうです。
が、もちろん現実は散骨をするのは大変です。
海にまくならまだしも、さすがに自分の住んでいる家のそばに
知らない人の骨がまいてあると思うと少し怖いし・・・。

ウチの旦那様はスキーが大好きです。
だから散骨するなら、やっぱり雪山がいいのかな~。
雪山なら少しくらいなら灰をまいても分からないだろうしな~。
なんて、考えながら家に帰りました。

家に帰ると、旦那様は元気に豆乳鍋を作ってくれていました。
今年の初鍋です。

あれ?元気になったの?

うん、お腹治ったよ~。

あ~、よかった。
口から泡吹いて死んでたらどうしようかと思ったんだ~。

・・・あ、そう・・・。

でね、もしも死んでたらどこに散骨しようかな~、って。
どこがいい?

・・・、仕事中そんなこと考えてたの?

うん、どこがいい?

エーゲ海、またはアルプスにお願いします。

旦那様が元気になってなによりです。
しかし、エーゲ海かアルプスか・・・、ちょっと遠いな・・・。
[PR]
by piyoko_hamada | 2005-10-18 11:33 | My Happiness


<< そこそこさん 憧れの久兵衛 >>