我が家のグレープフルーツ戦争

5月30日 火曜日 クモリ

旦那様がお夕飯を食べた後に、
お腹いっぱい?
と、聞きました。
で、旦那様が、
うん、お腹いっぱい。
と、答えたので、
じゃあ、明日にしよっかな。
と、私が独り言を言ったら、旦那様がすぐに、
え、なにが?
と、聞いてきます。
いやね、グレープフルーツをむこうかと思ったんだけど、
お腹いっぱいなら明日にしようかな~、と思ってね。
と、私が答えると、
グレープフルーツなら食べる。
それに最近、カリウムを取ってない。

そっか・・・、カリウム不足か・・・。
カリウム不足か・・・、じゃあ仕方ないか・・・。


で、結局、食後のデザートに、グレープフルーツをむきました。
小さい時は、グレープフルーツを半分に切って、ギザギザスプーンで食べるのが好きでしたが、
今となっては、むいた方が食べやすいです。
で、我が家では、私がグレープフルーツをむいて食べています。

今日はスーパーで、グレープフルーツを4つ買ってきました。
一気にむいて、何日分かのデザートにしよう!という寸法です。

だけど、4つもむくのはなかなか大変でした。

以前、私がむいているそばから、旦那様が手を伸ばしてパクパク食べてしまっていたのです。
当然、むくよりも食べる方が早いので、私の分は残らなくなってしまう危機感に襲われます。

私が、むっとした表情をしたため、旦那様が気がついたのか、
あ、ごめんね。
といって、手を引っ込めました。

そんな事件が起きていたので、今回は、私がいいよ~、というまで、
旦那様は手を出してきませんでした。

だけど、
これ、食べていいよ、
と、丸一個分のグレープフルーツを出したら、あっという間に食べてしまいました。

本当に一瞬でした。
残りのグレープフルーツをむいている時も、なんとなく狙われているような視線を感じましたが、
私の分と明日のデザート分は確保できました。

冷えているグレープフルーツはおいしいので、
これからの季節、むく機会が増えそうです。
[PR]
by piyoko_hamada | 2006-05-30 11:32 | My Happiness


<< プチフランスと温泉探検日記 第... ゲームのお時間。 >>