ご祝儀袋の問題

9月23日 土曜日 ハレ時々クモリ

台風のせいのようなのですが、晴れたり曇ったり大変忙しいお天気でした。
雨が降らなくて何よりです。

さて、昨日の夜から旦那様の実家に来ています。
だいたい、月1くらいで遊びに行きます。
実は今回、私の中で重大な目的があったのです。

来月、私と旦那様はそれぞれ別々に結婚式に出席します。
で、問題なのが、ご祝儀袋。
中身も問題なのですが、それよりもなによりも、表に書く字が問題なのです。
私はあまり公言したくないのですが、小学校の時に6年間習字を習っていたことがあります。

実家のハハも、「6年間習わせて、これなのね・・・。」と、よく言います。
私も6年間通って、得たものは、
人はどんなに頑張っても無駄なことがあるようだ。
という教訓だけです。

とにかく、字を書くのが苦手なのです。
で、旦那様のお母様に書いていただけないかと、ひそかにご祝儀袋を、用意しておいたのです。
旦那様のお母様は字がとっても上手。
とても、同じペンで書いているとは思えません。

が、しかし、肝心のご祝儀袋を持って行くのを忘れたのです。
残念・・・。

ですが、最終的に大事なのは字が上手い下手ではなく、気持ちです。
心を込めて、頑張って自分で書こうと思います。
[PR]
by piyoko_hamada | 2006-09-23 11:47 | My Happiness


<< 怒るということ。 夢と魔法の国 探検日記 第3章... >>