おせちを作ってみました。

12月19日 火曜日 クモリ

毎日、毎日、毎日・・・、寒いです。
去年よりも、ましだよ・・・、と、自分に言い聞かせています。

さて、今日は実は第1回目の料理教室。
ちょっとどきどきです。
今回は5人で、1人の先生に教えてもらいます。

あまりにも、できなくて、仲間に入れてもらえなかったらどうしよう・・・、
などと、少し不安はありましたが、ひとまず、先生の説明を聞いて、作業に移ります。

でも、実際に作業をしてみると、何のことはない、そんなに難しいことではありません。
しかも、私、結構上手い?などと思えるような場面もちらほら。
家事暦3年も伊達ではありませんでした。


b0035324_23224376.jpg今回のメニューはおせち料理。
さすがに重箱に詰めるようなものは料理教室ではできないので、
お膳に並べます。

お祝いのお膳だけあって、なかなか華やかです。




おせち料理には一つ一つ意味があり、作業の合間に、
そんな説明を聞くのも面白かったりします。

重箱のおせちは、「箱に、幸せをつめる。」 という意味があるそうです。
だから、これからも幸せが詰められますように、と、普通は、5段目が空になっているそうです。
なるほど・・・、これを知らなければ、本当のおせちを見た時に、
あれ?空じゃないの!!
と、怒ってしまうかもしれません。


今ではあまり作られなくなっていると、思いますが、やはり日本の行事の一つとして、
知っていなくてはいけないな、と、思いました。

まだ1回目で分からないこともあったりしますが、実用的な習い事なので、
頑張って続けたいと思います。
[PR]
by piyoko_hamada | 2006-12-19 23:22 | My Happiness


<< 来年の目標。 ノロウイルスが流行っています。 >>