テンプルを使ってみました。

1月19日 金曜日 クモリ

揚げ物をしたので、油の後処理をどうしようか考えました。
いつも、古い雑誌や、油を吸い取るスポンジを買って、油を吸わして、
燃えるごみに捨てていたのですが、以前から、少しやってみたかったことがあったのです。
それは、
固めるテンプル!
興味はあったのですが、まだ使ったことがありませんでした。

油の中に固めるテンプルの粉を入れたら、約1時間後に油が固まるそうなのです。
これはすごいです。
ちょっとどんな風に固まるのか興味があります。

そこで、今日は固めるテンプルを使って、油を捨てることにしました。

固めるテンプルは200円弱でスーパーに売っています。
5袋入っていました。
説明書を読むと、普通の油は600mlに対して1袋入れればいいようなのですが、
どうもエコナやキャノーラ油などの健康油は固まりにくいようで、
2袋入れなくてはいけないとのことでした。
一応健康のことを考えて、キャノーラ油を使っているので、
出血大サービスで2袋入れておきました。

入れた直後は何にも起こりません。
粉を溶かしても、色も変わりませんし、匂いもしません。
ひょっとしたら、もう一袋入れないといけないのかな、と思いましたが、
1時間して固まらなかったら、その時に考えることにしました。

で、30分ほどしたら、底の方が固まってきています。
箸で突っついたらやわらかいのですが、確かに固体の感触です。
これは楽しみです。
鍋ごと、油が固まるのです。


そして、1時間ほど経過した後鍋を見ると・・・、なんと、ちゃんと固まっています。
お鍋を斜めにしても、全く油は動じません。
表面をさわると、少し柔らかい感じです。

おお~。

と、しばらく感動してから、ふと気がつきました。
一体これをどうやって鍋からはずせはいいのでしょうか。
さかさまにしても、ゆすっても、もちろんびくともしません。
これを外さない限り、一生揚げ物はできません。

困った・・・。

一瞬考えたのですが、この状態を旦那様にも見せてあげたいので、
今日はひとまずこのままで放置することにしました。
50度以上になると固体が溶け出すこともあるようなので、注意が必要ですが、
きっと、旦那様もこの状態を見たいはずだと思います。

見せるのが楽しみです。
[PR]
by piyoko_hamada | 2007-01-19 16:44 | My Happiness


<< のんびりした土曜日でした。 今は昔。 >>