一口のビール。

4月14日 土曜日 ハレ 風は強いが暖かい♪


ハハの証言 : そうきたか・・・。

チチの言分 : だって、お母さん ( ハハ ) は一口と、言った。


昨日から、実家に帰ってきています。

先日、チチが、350mlのビールを買ってきたそうです。
チチは健康上の理由から、あまりたくさんお酒を飲んではいけません。
なので、全部飲むのはよくない、と思ったハハが、
それ、一口ちょうだいね。
と、チチに言ったそうです。
すると、チチは自ら、ハハにコップを出して渡してあげました。

それが、なんと、お猪口・・・。

確かにガラスでできているものなので、グラスではありますが、
何百歩譲っても日本酒以外のものを入れる器ではありません。

さすがにハハも絶句したそうな。

で、冒頭のハハとチチの台詞です。

チチの発想は、 一口 = お猪口。
ハハの常識は、お猪口 = 日本酒。
このように、2人が異なる次元の空間にいるので、話がかみ合うわけがありません。


この話から得た教訓は、
多少感覚が違っていても、夫婦として成り立つ。
と言うことでした。

それにしても、お猪口でビールか・・・。
[PR]
by piyoko_hamada | 2007-04-14 12:03 | My Happiness


<< ケーキセット、略奪失敗! すっきりしたお弁当箱。 >>