旦那様とキティちゃん

6月25日 月曜日 クモリ時々雨

夢を見ました。

私と旦那様が悪魔の家に閉じ込められています。
夢の中では「悪魔の家」だったのですが、今思うと、
「悪魔を崇めている新興宗教の家」だった気もしますが、まあどちらでもいいです。
見た目は古い洋館です。
閉じ込められていて、と言っても家の中ではなく、庭にいます。
庭は高いレンガの塀で囲まれており、何箇所かに立派な門があります。
特に何かをされるわけではないのですが、少し異様な空間なので、
旦那様と2人で脱出を図ろうとしています。

しかし、もちろんどの門に行っても門番がいて、外に出ることはできません。
どうしよう・・・、と思っていると、庭にある教会のようなところで地下に下りる階段を見つけます。
旦那様と2人で、ひょっとしたら外につながっているかも・・・、と階段を下りるのですが、
だんだん暑くなってきます。
そのうち、ものすごい熱気が下から上がってきます。
熱気と言うよりも熱波です。
もう息苦しくなってきます。
どうやら地下では火を焚いているようです。
私が戻ろうよ・・・、と言うのに旦那様は一人でどんどん下に下りていってしまいます。
姿が見えなくなって数秒後、旦那様が全身に火傷を負ったような状態で戻ってきます。
これは大変!と思い私は旦那様を抱えて、上に上がり、近くの門番に、
緊急事態なんです!
と言うと、門番の人もあっけに取られ、すんなりと外に出してもらえました。
そのまま私はコンビニに駆け込みお水を買おうとするのですが、お金を持っていません。
仕方ないので、公園の水道を使おうと外にでたところで、お屋敷の人に追いかけられます。

私は旦那様を抱えて逃げました。
が、しかし、旦那様、どんどん軽くなってきます。
そして、気がついたら、旦那様が・・・、


b0035324_1142167.jpg


に、なっていました。
どうりで軽いはずです。

ちなみに、これは我が家にいるキティちゃんです。
ちょっと眠たそうなのですが、角度よってはおばあちゃんにも見えます。
タオル地なので、さわり心地もなかなかです。

私は一瞬、
あれ?旦那様どこいったん?
と、思うのですが、そのままタオル地の眠たいキティちゃんを抱えて逃げ切りました。

うちの旦那様、とうとうキティちゃんになってしまいました。
まあキティちゃんはかわいいし、よかったのではないでしょうか。

その後、うちのソファーで寝そべっているキティちゃんに妙に親近感がわいてきました。
これからウチのキティちゃんのあだ名を 「 旦那様 」 にしようと、こっそり思いました。


b0035324_11362893.jpg
とろ~りオムライス たっぷりデミソース (489kcal)
ぷりぷりえびのガーリックグリル フルーツトマトの
ビタミンサラダ添え (119kcal)
キャロットオレンジのシェイク (200kcal)
[PR]
by piyoko_hamada | 2007-06-26 11:36 | My Happiness


<< 牡蠣フライを買いました。 非難はしご >>