白いブーツ生活。

7月23日 月曜日 クモリ

当時の詳しいことは後日書きたいと思いますが、結論から言うと、足を挫きました。
しかもソウルで。

土日おとなしくして、月曜日になっても治らなかったら、会社の近くの病院に行こう、
と思っていたのですが、なんといつも行っている病院の整形外科が、
月火曜日は午前中だけしかやっていないのです。
なんでこんな時に限って・・・。
と思ったのですが、もうあまり痛くないし、水曜日まで様子を見てみようかな~、
なんて思っている旨先輩に話したら、
それは、一応レントゲン撮ったほうがいいのでは?
病院はネットとかでも調べてみたら?
と、アドバイスをもらいました。

私が全面的に信頼を寄せている先輩の助言なので、
今まで楽天的に構えていた私も少し不安になってきます。
お弁当を食べ終わるとすぐに整形外科を調べました。
幸い、会社から歩いて10分ほどのところにありました。

仕事が一段楽した3時以降に行こうかな~、なんて思っていたのですが、
午後になり、なんとなく足が昨日よりも腫れている気がしてきました。
これに伴い、だんだん落ち着かなくなってきました。
行こうかな~、ではなく、今すぐ行きたいんですけど・・・、という気分です。
たぶん骨が折れていることはないと思うけど、一生治らなかったらどうしよう・・・、
この先、プールや海で遊べなくなったりするのかな・・・。
あ、一度富士山を登ってみたかったんだ・・・、もう夢は叶わないのかな・・・。
どうしよう・・・。
もう気もそぞろです。
いてもたってもいられません。

やっと3時になり、病院に一目散に向かいます。
先生に見せると、
なに、これ、いつひねったの?
金曜日?
まだこんなに腫れてるなんておかしいから、すぐにレントゲンとって下さい。
不安的中です。
病院の先生が「おかしい」 なんて言うくらいですから、相当悪いはずです。
どうしよう・・・。
ものすごく心細くなりながら、レントゲンの写真ができるのを待ちます。

その後、診療室に呼ばれ、先生に、
靭帯 ( じんたい ) が伸びてますね~。
テーピングでもいいですけど、ギブスの方が治りが早いですよ。
と、いわれました。
靭帯が伸びてしまっただけだったので、ひとまず安心したのですが、
ここで、究極の選択を迫られます。

ギブス   ・・・ とにかく大変。
テーピング ・・・ 治療している間は楽だけど、夏のレジャーは絶望的。

これから夏本番です。
この期に及んでも、海もプールも花火も諦めていません。
夏は1年に1度しかありません。
こんなことでめげられません。

なので、早く治るようにギブスをまいてもらうことにしました。
つま先から膝下までまいたので、スキーブーツを履いているようになってしまいました。

先生の話だと2週間くらいでギブスは取れるそうです。
その後リハビリも必要だそうですが、ひとまずギブスが取れればこっちのものです。

ちょっと安心して、病院を後にしました。

・・・、と、こう書くとめでたし、めでたしなのですが、ここからが大変でした・・・。
この後はまた明日の日記に書きたいと思います。

とにかく、改めて健康の素晴らしさを知りました。
[PR]
by piyoko_hamada | 2007-07-23 11:55 | My Happiness


<< 松葉杖生活 台風がきてました。 >>