家で鳴る音。

8月26日 火曜日 曇り時々雨

ずっと天気が悪いです。
幸い、私が外にいる時に降っているわけではないので、被害はないですが、
やはりほどほどに晴れている方がいいです。


ところで、私が家に帰って、ふーっと一息ついている時のことでした。
突然、音楽がなりました。
もちろん、怪奇現象の類ではありません。
仕事で疲れて帰ってきてるのに、怪奇現象につきあうほど暇ではありません。

電子的な音だったので、携帯電話の着信音かと思い、
バックの中の携帯電話を取ろうとしました
が、音は逆の方から聞こえてきます。
あれ、私、バックから携帯出したっけ?と思い、音が鳴っている方向に携帯を探しますが、
影も形もありません。
あれあれ、おかしいな…。
だけど、この音楽、私の携帯の着信音とは違う気が…。
そうなのです、今鳴っている音楽はパッヘルベルのカノンです。
ですが、私の現在の着信音は、韓国ドラマ「宮」の主題歌です。
旦那様にドラマの説明を詳しくしてさしあげようして、
何度も丁重にお断りされた経緯のあるドラマです。


そんなことより、今はとにかく音の主を探さなくてはいけません。
少し冷静になり、視野を広げてみると、視界の端っこの方で何かがピカピカ光っています。
よく見てみると、家の電話が黄色とオレンジ色に光り、かなり自己主張しています。
あ、君だったのね…。
数ヶ月前にひかりにしたので家の電話が使えるようになったのですが、
これだけ携帯電話が普及した現在、滅多に家の電話が鳴ることはありません。
ハハも、ウチに電話をする時でも、大抵まず携帯電話に電話をして、
在宅を確かめてから家に電話をしてきます。
こんな感じで、急にかかってくる電話はほぼ皆無でした。
このため、家の電話の着信音はあまり意識していなかったので、全くピンとこなかったようです。


そもそも、最近の家電はあちこちでピーピーピーピーなりすぎるのです。
炊飯器しかり、洗濯機しかり、電子レンジ、ポット、そして我が家ではコンロまでなります。
音が鳴ったところで、どこで問題が発生したのか分かりません。

かといって音が鳴らなくても気がつくか、というと、絶対に確信をもって、
気がつかないと断言できます。
電子レンジに至っては、御夕飯のおかずを温めてたのに、結局そのまま忘れて、
次の日の朝にパンを焼く時になって、
何これ?
ということすら起こるのです。
音がならなきゃ不便だし、なったらなったで何がなってるか分からないし…、
便利だなんだか不便なんだか・・・。

ひとまず、家の電話の音、分かりやすいように伝統的な黒電話のベルにしようかな…。
[PR]
by piyoko_hamada | 2008-08-26 13:34 | My Happiness


<< すごい検査官が来ました。 私の天職。 >>