今度は…。

9月23日 火曜日 晴れ時々曇り

ここ最近、我が家に来る配達の人がなぜかチャイムを鳴らさずドアをたたくので、
少し不思議に思っていました。
インターフォンではなくドアをたたくのは小さな子供かよほど親しい間柄の人です。
仕事で我が家に来る人は、今までインターフォンを使っていました。
なので、ひょっとしたら最近のはやりで、
わが社はお客様とより近い関係を目指しています、
という意思表示かな、なんて思っていました。

こんなことが続いていましたが、ふと旦那様が、
ひょっとして、うちのインターフォン、壊れてるんじゃない?
と。
なので、2人で実験してみましたが、確かに我が家のインターフォン、壊れてました。
しかも、外からはちゃんとチャイムが鳴っているように聞こえるのです。

どうりで先日、私が飲み会から帰ってきた時、
チャイムを鳴らしても旦那様が出てきてくれなかったわけです。
おかげで私は眠たい中、自ら鍵を探して、開けなくてはいけなくなったのです。
奥さんが帰ってきたというのに、知らんぷりとは何事かと、旦那様に抗議をしましたが、
旦那様はきょとんとしていました。
どうやら、私が鳴らしたチャイムが鳴っていなかったようです。
これでは、私の抗議は全く的外れだったことになります。


ポストのカギから始まり、電話、クーラー、換気扇…、そして次はインターフォンです。
今までのものと比べて、インターフォンはどうしても必要なもの、
というわけではありませんが、やはりないと困ります。

何で次々物が壊れるんだろう…。
やっぱり何か見えない力が働いてるのかな…。
なら、もう少お手柔らかに、
そしてなるべく高価なものは狙わないでもらうようにお願いしておきたいと思います。
[PR]
by piyoko_hamada | 2008-09-23 20:44 | My Happiness


<< 初心にかえれました。 お隣の席。 >>