カテゴリ:遊びに行こう!( 127 )

京都旅行記第6章 ~二条城~

2日目にして最終日。
昨日はみんな疲れてしまって、夕食も食べずに早々にお休みになりました。

だから、朝はそこそこ順調に起床。
朝ごはんを食べてから、ホテルの目の前の二条城に行こう!と言う話になりました。
ホテルの目の前なので、5分とかかりません。
チェックアウトをせずに出かけました。

二条城の前に着くと、修学旅行でいっぱいです。
私たちが中に入る頃にはもう見学を終えた学生さんがいました。
一体何時に入ってるんでしょうか?


b0035324_11333871.jpg


中はとても広く1時間くらい散歩をしてしまいました。
朝早かったので、中に入ると人もちらほらしかいなかったので、京都の庭園を満喫。

写真撮影は禁止だったので、残っていませんが、うぐいすの鳴く音のする床も歩いてきました。学生の頃はよく分からなかったけど、確かに鳴いています!
中にほんとにうぐいすがいたりして・・・。

b0035324_11333834.jpg

              ここも少し紅葉していました。





b0035324_11333844.jpgb0035324_11333812.jpg






中はあまり混んでいなく、とてものんびり散歩が出来ました。

b0035324_11333825.jpg

やはりお堀には白鳥が。
鯉と一緒に遊んでいるみたいです。
お堀の水はそんなにきれいじゃなかったけど白鳥は住めるんですね。

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜ つづく ゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜
[PR]
by piyoko_hamada | 2004-11-17 11:33 | 遊びに行こう!

汐留探検隊

11月14日 日曜日 曇り

「汐留にハウルがやって来た!」

なんて言う感じで紹介されていた、ハウルの動く城の立体模型が見たいよぅ。
と、旦那様に駄々をこね、汐留に行ってきました。

汐留には私が前から行ってみたかった都路利があります。
甘味どころです。
いつも行列なので、最初は興味がなくても、行列に興味が出てきます。
行列→みんな並んでる→みんな食べたい→おいしい!!
と言う具合です。

京都では辻利と、書くようです。どう違うのかな?
この前食べたお豆腐やさんも「不二乃」と「藤野」を使い分けていたけど、
どう使うんでしょうか?
なんて考えながら電車で30分弱揺られていました。
早いものです、もう汐留です。

まずカレーうどんの古奈屋でカレーうどんを食べました。
久しぶりでおいしかった!

で、そのまま都路利へ。
b0035324_1150868.jpg


やっぱり並んでます。
ディズニーランドなんかの感覚だとあの人数なら20分くらいだよ、なんて思っていたら
大間違い。甘味処です。そんなに回転はよくありません。
1時間くらい待ちました。

で、食べたのが「特選都路利パフェ」。
結構おっきい・・・。全部食べれるかな、なんて思っていたらぺろりといただけてしまいました。
あんまり甘くなくっておいし!
b0035324_1656151.jpg


その後ハウルのお城を見に行きました。
とってもよく出来ています。
7メートルの模型は作りも精巧で見ているだけでも、わくわくしてきてしまいました。
来週、見に行けるといいな~。

そんな有意義な汐留探検をした日曜日でした。
[PR]
by piyoko_hamada | 2004-11-16 11:59 | 遊びに行こう!

京都旅行記第5章 ~ 夜の高台寺 ~

清水寺を後にした私たちは、ホテルに向かうバスの停留所に向かって歩きました。
もう暗いです。

てくてくてくてくてく。

歩いていたら、なんと、「高台寺」の文字が。
一度ホテルに戻るはずが、次の目的地に着いてしまうなんて。天才??

で、ついでに見てくることにしました。
当時、ライトアップをしているのは高台寺のみでした。
写真で見る清水さんがきれいだったから見たかったんだけど、残念。

で、中に入ると、よく言う都心のライトアップとは少し違う雰囲気です。
きらびやかではないのですが、厳かな感じ。
少しだけ薄く浮かびあがる木、竹林がとてもいい雰囲気を出しています。
写真に取れなかったのが残念。
だけど、この雰囲気だと昼間も素敵だろうな~。
少し大きめの池がありますが、そこに周りの樹木が写って、
逆さ富士のようになっています。
お~ぉ、なんて感じです。

b0035324_11324094.jpg

少しだけ紅葉していました。



b0035324_11324018.jpg

赤い大きな物体が和室にで~んと座っておられました。
こんなん、千と千尋の神隠しにいたような気がしませんか?






出口を出るとなんとびっくり、チケットを買うのにそこそこ大きな行列が出来ています。
やっぱり、今はここしかしてないから、混んでるのね。
なんていいながら少しだけ優越感に浸りつつ高台寺を後にしました。

今度こそ、今夜のお宿のホテル日航に向かうのでした。

もういい時間です。少しひんやりした風が吹いていました。

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜ つづく ゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜  
[PR]
by piyoko_hamada | 2004-11-15 11:32 | 遊びに行こう!

京都旅行記第4章 ~甘味~

人の波をかき分け、清水寺の見学を終えた御一行は少々疲れたので、お土産をぶらぶら見ながらお茶をすることにしました。せっかく京都に来たのだから和のスイーツを食べなくては。清水寺を出てから同じ道を通らずに、2年坂、さんねんざかを下ってきました。途中の雑貨屋さんがなかなかかわいらしい。ふと見るとみんなようじやの紙袋を持ってます。


b0035324_11315211.jpgb0035324_11315286.jpg

ちょっとぶれていて残念ですが、すごく雰囲気のある坂です。







b0035324_1131527.jpg
少し歩くととってもかわいらしい和雑貨のお店が。
全体が淡い桜色のお店です。
上がcafeになっているようで、メニューがおいてありました。
少し考えた結果そこでお茶をすることになりました。

中に入るとやはりかわいらしい。そんなに広くない店内です。



b0035324_11315218.jpg

私が食べた黒胡麻プリン♪
とろんとしてて胡麻の風味がいっぱいでおいし♪♪♪






b0035324_11315248.jpg

私が食べたかった玄米茶パフェ。玄米茶のアイスがのっています。
だけど夕方だったから品切れ。
玄米茶アイスは初めて食べたけど、、、胡麻プリンでよかった♪





b0035324_11315270.jpg

テーブルの上においてあった、伝票いれ。
すごーくかわいい! 
うちにあったら、ツマヨウジ入れにしたい・・・。






その後お店を出たら、あたりは夕暮れ。
一度ホテルに行き、チェックインすることにしました。
バス停まで、またハイキングです。


゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜ つづく ゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜  
[PR]
by piyoko_hamada | 2004-11-15 11:31 | 遊びに行こう!

京都旅行記第3章 ~清水の舞台~

無事にお昼ご飯にありつけ、ようじやでも買い物を済ませたご一行は、京都旅行の定番の
清水寺に向かいました。
紅葉にはまだ早い時期ですが天気もよかったので、それなりによい景色が期待できるのではないだろうか、と言う感じです。清水寺にはバスで向かいました。
そのバスの混んでることといったら!満員で、最後の方に乗った私は足がステップのところにはみ出す始末。手で押さえていないと倒れてしまいます。ただ、乗ったバスが急行(!)
だったので、(どうも観光用に急行のバスがあるようです。)まだよかったかも。

バス停に着くと乗客はほとんど下車。みんなのあとを付いていくと見覚えのある坂に着きます。両脇にお土産屋さんの並ぶ坂道です。周りは外人さんと修学旅行の学生さんばっかり。
私たちもきょろきょろしながら歩きました。だけど、1泊2日とは言え荷物を持ったままの
上り坂はきつい!ただ歩いただけで、若干1名が筋肉痛になったようです。

だけど、坂を上りきるとまたまた懐かしい門構え。
清水寺です。

周りはすごい人。写真を撮るのもままなりません。

b0035324_11303786.jpgb0035324_11303743.jpg








入場券を買って中に入りました。


b0035324_1130379.jpg
清水の舞台から見たらほんの一部だけ紅葉。
まだまだこれからです。





b0035324_11303796.jpgb0035324_11303752.jpg

舞台を見た感じ。少し暗くなってきて雰囲気が出てきました。






b0035324_11303755.jpg

よく修学旅行で行く「地主神社」。
何でお寺の中に神社があるのかな ?
道の両端に石が置いてあるんですが、目をつむって石から石に歩くと両思いになれる!
らしいです。
だけどあんな人がいっぱいだとまっすぐ歩くのはむずかしい。
だからご利益があるのかな?


゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜ つづく ゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜  
[PR]
by piyoko_hamada | 2004-11-15 11:30 | 遊びに行こう!

京都旅行記第2章 ~ 一日目のお昼ご飯 ~


変身が終わったらお腹がすきます。今度はお昼ご飯です。
今日のお昼ご飯は『祇園う』のうなぎ。なんでも桶に入っているとのこと。
友達の会社の先輩から教えてもらったお店です。

3人で舞妓さんの写真を笑いながら、お店に向かいました。
だけど、京都の道は分かりにくいです。

「バスよか電車の方が分かりやすくない?」
「「だね。」」

日頃から東京の地下鉄に慣れてしまっている私たちは、バスは分かりにくいという先入観があったんです。で、お目当ての四条駅に着きました。
改札口にある地図を見てもよく分かりません。だから、まず地上に出ることにしました。
地上に出ても見ている地図とは何となく様子が違います。

「「「うーん????」」」

なんて3人して考え込んでいたら、「どこにいかはるん?」
なんて感じでおじいちゃんが話しかけてくれました。
3人とも旅行バックを持って観光ガイドを見ていれば、すぐに観光客だと分かったようで。

「ここのお店に行きたいんです。」
「そしたら、あそこのバス停からバスに乗って、祇園で降りるといいよ。」
「??ここから歩いては行けませんか?」
「あー、歩くのはちょっと無理だね。」

3人とも首をひねっていたら、なんと京都には「四条駅」が2つあるらしいんです。
私たちは「違う四条駅」に行ってしまった様で。教えてもらわなければ
いつまでもお昼ご飯にありつけませんでした。

ふと、おじいちゃんの腕を見ると「観光ボランティア」の腕章が。
私たち観光客にとってみればなんともありがたい制度だな、と思います。
確かに京都は碁盤の目のような道だから分かりやすいかもしれませんが、
地元ではないからやはり難しいです。

その後私たちはおじいちゃんに教えてもらったように、バスに乗って「祇園う」
に向かったのでした。

b0035324_11553986.jpgb0035324_11581077.jpg

店内の様子です。
2階に通されたんですが、すごく落ち着いた感じ。




b0035324_11431453.jpg

b0035324_11431441.jpg







これが、例の桶入りのうなぎです。
ふんわりしてて、おいしかった!
ご飯もタレがいい具合にしみこんでいて美味。
これで3人前。女の子3人でやっと食べきりました。

なのに隣の人は男の人1人で、完食。
食べ終わってから一言。 「ちょっときついなぁ。」 って、「ちょっと」か・・・。



b0035324_11543517.jpg

外の感じです。私たち観光客が思い描いているだけかもしれませんが、
まさに「古き良き京都」と言う感じでした。

それにしても京都は街がきれい。
ごみひとつ吸殻ひとつ落ちていませんでした。

帰りにはお決まりの「ようじや」へ。
いわずと知れたあぶらとり紙のお店。
中は女の子と、女の子の荷物を持って付いて回っている男の子であふれていました。
修学旅行生もちらほら。

その後、定番の清水さんへ。

 ゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜ つづく ゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜  
[PR]
by piyoko_hamada | 2004-11-12 17:00 | 遊びに行こう!

京都旅行記第1章 ~ 舞妓さんになりました♪ ~

11月6日 土曜日

今日は京都旅行第一日目です。
仕事に行くよりも早く起きてしまいました。5時です。まだ暗いです。だから新幹線の中では寝てしまいました。だからあっという間です。会社に行く位の感じです。
着いたらまず舞妓さんになってスタジオで写真を撮ります。今よくある舞妓さん体験ツアーの室内版です。スタジオに着くと浴衣に着替えて、まずお化粧です。ビックリしたのは舞妓さんのオシロイ。もっと粉っぽくてカチカチなのかと思ったら、水化粧といって、すごく軽い感じ。見た目は白いペンキのようです。本当にペンキのようにハケで塗って手やスポンジで伸ばして皮膚にたたきこみます。軽い、と言う感じではないけれども、すごく潤いのある、水の膜で皮膚を覆っている感じです。もっとも下地に油を塗るから普段のメイクより軽いことはないと思われます。そのおしろいの冷たいことと言ったら!首から塗られたんですけども、ハケが首筋にあたった瞬間、全身に鳥肌が立ちました。顔は真っ白で目元は少し赤い色を入れます。このメイクだと笑うときに歯を見せてはいけないそうです。歯だけ浮いてしまうとのこと。後で歯を見せてる写真を見たら恐かった…。口紅も水の口紅だそうで、とても落ちやすいと言っていました。

メイクが出来上がるにつれて思わず吹き出しそうになるのをこらえなくてはいけなくなりました。バカ殿様?なんて自分でツッコミたくなります。メイクが終わると、着付けです。

友達3人で、私が1番遅かったから他の友達とかぶらないよようにピンクの着物を選びました。薄黄緑と少し迷ったんですが、なんとなく。
着物は普段から着るものではないので、やはり苦しい…。だけど長い時間歩く訳ではないから、使う部品が少ないです。以前着物を着た時はタオルを何枚か体に巻きましたが、今回はタオル無しです。その分紐の締め付けを吸収してくれるものがなかったから苦しかったかも。
帯は黒で、普通の着物とは違って、後ろにたらします。前も何重かに巻くときにずらして巻いていました。着物のすそもかなり長いです。前を歩いていた友達のすそを踏んでしまいました。幸い大事には至りませんでしたが。

着付けが終わったらかつらをかぶります。初かつらです。
かつらをかぶったら、後ろから詰め物を入れられました。かつらが動かないようにするためかな?ちょっときつい・・・。この「ちょっと」が、後々「ちょっと」ではすまなくなるのですが・・・。
かつらをかぶってから写真を撮ります。座り、番傘を持って立ち姿、振り返り姿の3ポーズ。
だけど、私はこういうスタジオが苦手です。なぜかと言うと、何度も何度もポーズを直されるからです。七五三から始まり、成人式、結納、結婚式、全くいい思い出がありません。

「はい、首を少し曲げて、いや、違う右右、あ、それは曲げすぎね。あ、今度は肩が上がってる、うーん、もう少し笑顔でね。」私はもちろん十分笑っているつもりです。満面の笑みです。
今回もそうでした。そんなことをするうちに、頭が締め付けられているせいか、立っていられなくなって。多分貧血だと思うのですが、撮影中止。写真のポーズってむずかしい・・・。
結婚式で白無垢を着てかつらをかぶっていたら、多分式も披露宴も出られなかったと思います・・・。よかったよかった。

出来上がりの写真を見せ合って、お互い大爆笑しました。
「っていうか、これネタ?」なんて。

b0035324_11333689.jpgb0035324_11333610.jpg

歯を見せているとやっぱり怖いです。
[PR]
by piyoko_hamada | 2004-11-09 11:33 | 遊びに行こう!