<   2013年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

布教活動中です。

1月30日 水曜日 ハレ

今年もこの季節がやってきました。
そう、私が比較的楽しみにしている行事、「節分」です。
毎年書いているので、記憶に残っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、
私、節分の豆が大好きです。
特に、少し海苔がかかっていて塩味の付いている「磯豆」が大大好きです。
この前1袋買いましたが、あっという間になくなってしまいました。
昨日買おうとしたら、売り場が少しずつバレンタインに浸食されようとしていました。
危機を感じているので、少し早目に買いだめをしておくつもりです。

さて、そんな磯豆の美味しさを広めたくて細々と布教活動を続けていますが、
なかなかうまくいきません。
新興宗教はなぜあんなに広まるのでしょうか。
磯豆の方がよほどいいと思います。

それはさておき、手っ取り早い布教活動として旦那様に、
ねえ、節分のお豆美味しいよ。
「磯豆」っていって、海苔がまぶしてあって、ちょっと塩味がするんだ~。
と、アピールをしました。
すると旦那様は、
うん、そうなの?
と、返事をしました。
目はiPad に向けたままです。
これだけ長く暮らしていると、私の話を流そうとしているのが手に取るように分かります。
ここでくじけてはいけません、押しが必要です。
なので、
ねえ、この磯豆、3粒だけでいいから食べてみて!
と、無理矢理旦那様の手のひらに磯豆を3粒載せました。
本当は10粒以上一度にもぐもぐ食べるのが美味しいのですが、
食べ方まで強制するのはよくないと思ったので、最初は3粒から始めました。
旦那様が1粒だけ口に入れたので、
3粒一緒に食べたほうが美味しいと思う。
と、一応助言しました。
そうなの?と、言い、残った2粒を一度に食べました。
どう、美味しいでしょ?と、自信満々に言うと、
う~ん、健康的なおやつでいいと思うよ。
つまみにもなるよね。
と。
磯豆に対しておほめの言葉をいただきました。
しかし、「美味しい」という私が希望している言葉はありません。
例えるなら、
結婚するならいいと思うけど、
お付き合いするのはちょっと・・・。
という20代の女子トークで出てきそうな言葉のようなものでしょうか。
私の大事な磯豆を女子会のネタにするとは!

布教活動、なかなかうまくいきません。
もう一息だと思うんだけどな・・・。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-30 11:20 | My Happiness

この時期のお風呂について。

1月29日 火曜日 ハレ

12月頃より、お風呂をシャワーで済ますことが少なくなりました。
寒いからです。
半身浴なので、湯船には10分程でお湯をはれます。
我が家のお風呂には自動給湯または温度設定などという現代文明利器はないので、
普通の蛇口からお湯の温度を確認して湯船にお湯をはります。
ちなみに、追い炊きもできません。
なので、最初の温度調整が非常に重要になります。
まず熱めのお湯を5分間入れます。
ここでもキッチンタイマーを使います。
これでお湯が出しっぱなしになることはありません。

5分後、湯加減を見ながら、蛇口のお湯の温度を調節します。
ここが腕の見せ所です。
この調整で丁度良い湯加減になるよう、微妙な温度調整をするわけです。
その後、大体3~5分ほどお湯を足します。

が、しかし、この時期ちょっと問題があります。
洗濯ものを干した後や台所等で水を使った後など異様に手が冷たいことがあるのです。
手が異様に冷たいままだと温度がよく分かりません。
こんなもんかな?と、そのまま温度を変えずにいると、いざお湯につかってみたら、
あれ、なんだかぬるい・・・?
という事が起こりえます。
また、
昨日はお湯がぬるすぎたなあ。
きっと手が冷たかったんだなあ、今日は少し熱めにしよう。
とすると、
あちっ!
と、いう事になります。
水でうめればすぐに入れるようにはなりますが、それでもお風呂で待つのは寒いです。
寒いので江戸っ子のように熱いお湯に入るとお湯につかっているところだけ赤くなります。
少しでも動くと熱さが増すので微動だにせず、ただただじっと耐え忍びます。
ふと我に返り、今、我慢大会中?と、自問しますが、
そのうちお湯はぬるくなってくるのでとにかくただひたすら我慢します。

12月はまだて慣れていないので、毎日が、
ぬるい?あちっ!
の繰り返しでした。
さすがに年も明け、1月も後半になってくるともう手慣れたものです。
丁度よい湯加減にすることができるようになってきています。
日々成長です。
一日の疲れ、のんびりと流しております。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-29 11:17 | My Happiness

お祝いだけど・・・。

1月28日 月曜日 ハレ

この前の土曜日、実はお誕生日でした。
私の。
気がつけば生まれてこのかた、30年以上経ってしまいました。
来年は年女です。
時の流れは速いものです。

と、私が感慨にふけっておりましたところ、実弟よりお祝いのメールが届きました。
おめでとう。
末永くお幸せに。
と。
私、結婚式挙げるんだったっけ?
と、思わず週末の予定を確認してしまいましたが、特に結婚式の予定は入っていません。

メールの内容が特段おかしいかと言えば、一概にそうとも言い切れません。
(お誕生日)おめでとう。
(これからも)末永くお幸せに。
と、加えるとまあ、何となく形になります。

でも、違和感があるような、ないような・・・。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-28 11:15 | My Happiness

暗くなければいいのに。

1月23日 水曜日 ハレのちアメ

どうも最近、雪の予報が多すぎる気がします。
ちょっと慎重気味なようです。

さて、朝起きるのがつらくなってきました。
許されるものならば後10分でいい、もう少しお布団にくるまっていたい、と思いますが、
ここは社会人のつらいところ、起きないわけにはいきません。
しぶしぶ起きます。

ところで、朝、カーテンを開けて朝日を浴びると爽快に目覚めることができると聞きました。
体内時計と実際の時間に1時間ほどずれがあるそうです。
なので朝日を浴びると体がリセットされて、
あ、今朝だ、起きなきゃ。と、いうモードになるそうです。
ずれてしまった時計の時間を直すような感じでしょうか。
とにかく、朝日は目覚めによいそうです。
そうか、これを実践しようと思い、朝真っ先にカーテンを開けたのですが、
今の時期、まあ朝日のかけらも見えません。
私が起きるのは大体5時50分くらいです。
真っ暗までいうと言いすぎですが、薄暗く、これで目覚めろというのは無理があります。
どうかすると、
あれ、まだ夜じゃないの?また寝よう。
と、勘違いしかねません。

ここでふと思いました。
ひょっとして、会社に行きたくないのは朝日が出ていないせいではないのだろうか?と。
休日は朝起きるともう日が出ています。
お日様の光を浴びてとてもすがすがしくさわやかな目覚めです。
今日も一日がんばろうと思えます。

この両者の差はなんなのでしょうか。
朝日を浴びて体がリセットされたかどうかに違いありません。
朝日さえ出ていれば、毎日会社に行きたくなるのに…。
なぜ白夜の国に生れなかったのか、ただただ残念でなりません。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-23 22:27 | My Happiness

日本弱体化計画?

1月22日 火曜日 曇り時々雨

最近、どうも時間がなく、睡眠時間が日に日に短くなっている気がします。
普段、私は12時くらいに寝ます。
12時に寝れば6時間の睡眠時間が確保できます。
が、しかし、最近の就寝時間は12時30分、遅いと1時という日もあります。
さすがにこれは翌日つらいです。

忙しくて残業三昧なのです、というわけではありません。
いつもにこにこ定時退社です。
家に帰るのは6時30分頃。
12時に寝るとすれば5時間30分あります。
この間に、ご飯を作り、食べて、片づけて、お風呂に入ります。
ご飯は旦那様と同じ時間に食べるわけではないので、
食事の準備は2度手間になってしまい、ちょっと時間がかかります。
それでも、5時間30分で十分余るはずです。
おかしい・・・、
どこかに齟齬・誤認があるはずです。
なので、ここ数日の行動を振り返ることにしました。
えっと、とりあえず、今日は帰ってきて、買ってきた食材を冷蔵庫に入れて、着替えて、手を洗って・・・。

ちょっと思いあたる点があったので、昨日もその点を中心に思い起こします。
・・・、・・・、・・・アレだ。
数分考えて、ようやく結論に至りました。
ここ数カ月、私、携帯電話のゲームにはまっております。
iPhone でできるゲームなのですが、パズルゲームでなかなか面白いです。
なかなか面白いので、ついつい時間を忘れて遊んでしまいます。
気がつくと、家に帰ってから1時間ほど遊んでしまっていることもあります。
このせいで、家での時間が圧迫されているのです。

家に帰って1時間。
ご飯後に30分。
お風呂上がりに30分。

日によりまちまちですが、この調子で行動と行動の間にちょこちょこゲームタイムが入るので、
時間がいくらあっても足りなかったのです。
ちなみに、会社への往復の電車の中でも1時間ほどゲームをしています。
日々、2時間以上3時間近くゲームに時間を費やしていることになります。

これに気が付き、私は愕然としました。
なんという、時間の無駄遣い…。これではいくら時間があっても時間がない状況になってしまいます。
そうだ、iPhone なんてあるからいけないんだ、と思い、旦那様に、
アップルは米国とグルの恐ろしい会社だよ。
日本にiPhone を広めて、ゲーム漬けにして、日本国民を骨抜きにして国力をそぐつもりだよ。
ああ、恐ろしい。
と、国家の危機を訴えました。
すると、旦那様は、
うん、でも、アメリカにもiPhone はあるよね。
と、私の危機感をあっさりと流してしまいました。
ウチの旦那様、あまり国際情勢には興味がないようです。

ウチの旦那様は頼れません。
なので、ここは自分で解決するしかありません。
仕方がないので、国家の危機はとりあえず置いといて、私の睡眠時間を確保する方法を考えました。
すぐにいい方法が浮かびました。
「ゲームは一日1時間まで。」
これを目標にすれば、無駄な時間がずいぶん減るはずです。
そう言えば弟が小学校の時ハハによくこのことで怒られてたなあ、と思いだしました。
当時はファミコンとスーパーファミコンの全盛期です。

時代は移っても、やっていることはたいして変わらないものですね。
明日から時間が有効に使えるように、全力で目標を守ろうと思います。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-22 22:21 | My Happiness

水で顔を洗おうという決意。

1月21日 月曜日 ハレ

なんだかバタバタしておりましたが、1月も半分以上が終わってしまいました。
春も近いですね。

そうは言っても毎日寒いです。
ですが、この寒い中、私、毎朝水で顔を洗っています。

ことの発端は昨年の10月ごろ。
何で見たかは忘れましたが、
如何にお湯で顔を洗うのがお肌にとってよくないかという事が書いてあるコラムを読みました。
要旨を書くと、お湯で洗うと顔のうるおい保湿機能成分が洗い流れてしまうそうです。
そう言えば台所でお湯を使うようになると一気に手荒れが進行します。
お湯を使うまではハンドクリームも何となく少しだけつけていればよかったのに、
お湯を使うようになると、本気でぬらないと手が荒れてきます。
これはいけません。
なので、今年の冬は朝はずっと水で顔を洗おう!と、決心したのです。

11月中は余裕でした。
ああ、目が覚めるなあ、というなんともほのぼのとした感想です。
季節は進み、12月。
最初、水を触る時に勇気がいるようになってきました。
冷たいよね、冷たいよね、
もしもこのまま顔を洗って、水が冷たくて心臓麻痺でしんじゃったらどうしよう。
旦那様は起きてくるまで後1時間以上かかるから、多分病院は間に合わないよね。
ああ、可哀そうな私。と、真剣に考えるようになってきました。

12月半ば、あまりの水の冷たさに手が痛くなってくるようになりました。
その時、ふと、水で洗うのはいいことだが、冷たすぎてすすぎがおざなりになり、
石鹸が残ったままになるのが一番良くない、
という事が書いてあったコラムを随分前に読んだことを思い出しました。

そうだ、それはよくない。

そう思い、当初の決心を少しぶらし、水だけではなく少しだけお湯を使うことにしました。
政治でもなんでも、臨機応変という言葉は大切です。
そして現在に至ります。
心持か、お湯の分量が増えてきている気がしますが、
一応まだ私の中では「水」という範疇の温度で顔を洗っています。

すんなりお湯で洗った方がストレスも少なく、快適に洗えます。
ストレスが少ない方がお肌には良いような気がしないこともありません。
一体、トータルで見た場合、どっちがいいのでしょうか。
ちょっと決心が揺らぎそうな今日この頃です。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-21 22:10 | My Happiness

節分の季節がやってまいりました。

1月21日 火曜日 ハレ

毎日寒いです。
今が一番寒いのでしょうか?
ぜひともそうあって欲しいものです。

さて、やってまいりましたこの季節。
待ちに待ったものがスーパーの店頭に並びます。
毎年恒例、節分の豆。大豆専門店に行けば年がら年中売っているのでしょうが、
私の近所のスーパーではこの季節限定商品です。
先日、
あ、節分コーナーができてる~!
と心の中で叫び、赤い鬼のお面が飾ってある売場に駆け寄りました。
ありますあります、いろいろな会社から様々な商品が出ています。
まいた後が大変だからでしょうか、5,6粒が小袋に入った商品も売っています。
恐らく、この小袋のまままくようです。
他にも、砂糖がまぶしてあるものもあります。
あれ、でも、いつものが、ない?
そうです、私がいつも楽しみにして買いだめしている、「磯豆」が、ないではありませんか!
豆に海苔と塩がまぶしてあり、とてもおいしいのです。
旦那様からは、「うん・・・、まあ・・・、ね。」という感想しか得られませんでしたが、
私は毎年何袋も食べていました。
それなのに、今年はその「磯豆」が店頭に売っていないのです。
こんなバカなことがあるでしょうか?
目を疑い、隅から隅まで2往復、磯豆を探しました。
けれど彼女の姿を見つけることはできませんでした。
一体、どうしたのでしょうか。

人気が出すぎて、売切れちゃったのかな・・・。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-21 12:37 | My Happiness

お弁当のご飯が!

1月20日 月曜日 曇り

今年が始まって早20日。
長かったはずのお正月休みも目の前を通り過ぎる新幹線のごとく駆け去り、
既に日常生活になっております。
気がつけばテレビ番組のお正月カラーもすっかり抜け、
何と、ここ数年市民権を得てきた恵方巻のCMが始まっています。
何故かロールケーキも恵方巻の一部になっており、もはやよく分からない感もありますが、
商魂タクマシイのはあまり嫌いではありません。
そんな2014年を平穏に過ごしています。

話は今日の朝です。
お弁当を作っていましたが、ふと一抹の不安を感じました。
ご飯、あったっけ?
昨夜ご飯を冷凍するのを忘れてしまったので、炊飯器のままです。
炊飯器を開けると、どう考えても1人分のご飯しかありません。
詰めてれば増えるかも、と思いとりあえず旦那様のお弁当箱にご飯を詰めますが、
きっかり詰めたところできっちりとご飯はなくなりました。
つまり、私の分のご飯がないということになります。
まだおかずを作っていなければ、
ご飯足りないし、今日はお弁当なし!で済む話ですが、もうおかずが半分以上出来上がっています。
この状態からお弁当を諦めるのは非常になんな話です。
今からご飯を炊くことも考えましたが、最短でも30分はかかります。
ちょっと時間の余裕がありません。

そうだ、と思い冷凍庫を見ますと、焼け石に水のような量のご飯が冷凍されています。
これは鍋をした時の最後の雑炊用にと冷凍したご飯です。
背に腹は代えられまい・・・、と思いとりあえずこれを解凍しました。
しかし、それでも私のお弁当箱の3分の一程度のご飯しかありません。
困った・・・、さすがにご飯3分の一では私が可哀そうだ・・・。
と、その時、ひらめきました。
さすが1月です、年始だからでしょうか、冴えてます。
そうだ、冷凍チャーハンがあった!そうです、週末のお昼や、一人でお夕飯を食べる時用に、
冷凍のチャーハンを買っていたのです。
これを温めてお弁当に詰めれば、立派な中華風弁当です。
よし、プランBで行こう、という事で、何とか無事にお弁当を作ることができました。

ああ、よかった、空白の3分の2のご飯分、キットカットで穴埋めしなきゃいけないかと思った・・・。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-20 12:33 | My Happiness

こたつが・・・。

1月19日 日曜日 ハレ

晴れてはいますが寒いです。
今日は一日家の中で過ごします。

そんな時に必需品なのが、そう、こたつです。
我が家では、昨年の12月頃出しました。
例年同様に使っているのですが、どうも今年は勝手が違います。
弱にしているのですが、ものの数分でとにかく熱くなるのです。
暖かいね~、ではありません。
あ・・、暑い・・・、
です。
壊れているのではないかと心配なので、なるべく使わないようにコンセントは抜いています。
数分つけていれば、しばらくは温かく快適に過ごせます。
ある意味エコと言えばエコですが、いろいろとちょっと心配です。
新しいこたつ、買わないとダメかな…。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-19 12:32 | My Happiness

靴、瞬間移動する。

1月18日 土曜日 クモリ

今日、バーゲンに行ってきました。
今シーズンはいろいろと所用があり、実は初バーゲンです。
出遅れましたが、どうしても欲しいものがあったわけではないので、バーゲンに行くの!ではなく、
ちょっとお買い物、と言った感じです。
また、今日はハハと待ち合わせています。
お正月に実家に帰れなかったので、近況報告も兼ねています。

ハハと待ち合わせ、靴売り場に行きました。
何点か試着し、同じお店で靴を1足ずつ買いました。
普通のパンプスなのですが、箱に入っているのでちょっと荷物になります。
ねえ、これかさばるからクロークに預けようか、
ということになりました。
見た目が同じだから、持って帰る時に違えないように注意しないとね、

と、私が言いました。
箱に入り袋に入れられているので、外から見たら全く同じです。
家に帰ってわくわくしながら開けてみたら何と中身が違ってた・・・、ということになりかねません。
あ、じゃあお母さんの方にマフラー入れとくから、これで間違えないでしょ。
と、ハハが実用的な提案をしました。
これで、クロークで荷物を受け取った後でも、靴の箱を開けることなく誰のものかすぐに分かります。

その後、クロークに荷物を預け、またぶらぶらし、お昼を食べてぶらぶらし、
夕方になったので、さあ、帰えろっか、ということになり、クロークに荷物を取りに行きました。

預ける時に入れたマフラー入りの袋をハハが、靴箱だけ入っている袋を私が持って帰りました。
じゃあ、またね~と言って駅で別れ、家に帰りました。
今日は旦那様はお出かけなので、買ってきたものを出して、どれと組み合わせようかな~、
いつ着ようかな~、とのんびりしていました。
するとハハからメールが届きました。
靴、間違ってない・・・?
と。
え?!と思い急いで靴箱を開けます。
すると、
あ、私んじゃない・・・。
これは、ハハが試着していたものです。
私の買った靴ではありません。
先見の明があったとでも言いましょうか、私が心配したとおりになりました。
何の役にも立たない先見の明です。
嘆いていても仕方がないので、次の水曜日、仕事帰りに待ち合わせて、靴を交換することにしました。
あらら、です。

それにしても一体、いつ入れ替わったんだろう?
靴の瞬間移動なんて初めて聞きました。
世の中、何があるか分かりませんね。
[PR]
by piyoko_hamada | 2013-01-18 12:23 | My Happiness