カテゴリ:My Happiness( 1757 )

長年の願い

先日、長年恋い焦がれたお店に行ってきました。


遡ること数年前、長崎に行った時のことです。

その時に食べた長崎ちゃんぽんが思いの外美味しかったのです。


色々な具材から取れる出汁のきいたつゆ、ラーメンよりも少し太く、うどんよりも少し細い、でもコシのある麺もたまりません。


そんな長崎地方の名物でありながら、なんと同程度に美味しいものが、東京でも食べられるというのです!


そうです、私が長年恋い焦がれたお店は「リンガーハット」です。


家や会社の近くになく、なかなか行く機会に恵まれませんでした。

それが、今回、千載一遇のチャンスを得たのです。

私が通っている美容院が移転しました。


最寄駅ば変わらないのですが、なんと移転先の近くにあのリンガーハットがあるではありませんか!


これはもう行くしかありません。


きっと神様が私にくれたチャンスに違いありません。


仕事帰りに少し余裕を持って美容院の予約を取り、一目散にリンガーハット インです。


もちろん注文は長崎ちゃんぽん。


他にも色々なメニューがある様ですが、その時の私にはそれ以外は目に入りません。


店内は程々に混んでおり、カウンターはほぼ埋まっています。

私は2人がけのテーブルに座りました。


少しして私の席に運ばれてきたのは、想像よりも少し大きな、温かな湯気を上げている丼でした。

優しいいい香りがします。

大きめのレンゲでスープをひとすくい。

身体に染み入ります。

そのままお箸を持ち、麺と山盛りの野菜を食べます。


黙々と食べます。


一言で言うと、おいしい。


二言で言うなら、とても おいしい。


数年越しの願いが叶った瞬間でした。


また次の美容院の時には必ず来よう。

楽しみが一つ増えました。


[PR]
by piyoko_hamada | 2018-12-05 19:41 | My Happiness

旅行に行くために、、、

私は旅行が好きです。


特に好きなのが、ビーチリゾート。

昼間っからビールを飲んで浜辺でウトウトと微睡むのは至福の時間です。


ひょっとしたら、それって家でもできるんじゃない?と思う方もおられるかもしれません。


しかし、そこのところは理屈ではないのです。

フィーリングです。


あの、贅沢な時間を使っている、というか感覚がいいのです。


家にいると、「何かしなくてはいけはい。」という思いに駆られてしまうのです。


それがリゾートに行けば「することがない」ので、気の向くままに思う存分のんびりとできるわけです。


まあ、私のリゾート論はさておき、とにかく旅行が好きです。


いろいろなサイトを見ながら、次はどこに行こうかな~なんて考えるのも楽しいものです。


自分が行ったことのある地域の記事を見ると、


あ、ここ行ったな~、何年前だったかな~。


なんて思いを当時に馳せ、空間と時間の移動を同時にできるわけです。


そんな贅沢な空想旅行をしている時、


あれ?ひょっとしたら、パスポートの期限、切れてない?


と、現実的な問題が湧き出てきました。


今までの旅行履歴を振り返ると、明らかに年数が合わないのです。


このことに気がついたのが出先だったため、もう気が気ではありません。


早くパスポートの期限を確認したくて仕方ありません。


きもそぞろ、まさに松尾芭蕉の心境です。

とるものも手につがず、とにかく一目散に家に帰り、パスポートを探します。


あ、やっぱり、、、


今年の夏に私のパスポートは効力を失っていました。


更新なら戸籍謄本が不要なはずなのです。

実に残念です。


次の旅行の計画を立てる前にパスポートを取っておかないと!


[PR]
by piyoko_hamada | 2018-12-04 20:58 | My Happiness

ビールのマリアージュ

先日、ビール王国という素敵な雑誌に出会えたことを書きましたが、その記事について少々気になった事があります。


今回の特集は、料理とビールの相性について、つまりマリアージュの話だったのですが、なんと最近ではアイスをビールのつまみにすることもあるようなのです。


枝豆や塩辛はもう昭和の時代の話なのです。


しかし、アイスか、、、


溶けないうちにビールを飲み干さないといけないですね。


[PR]
by piyoko_hamada | 2018-11-02 19:54 | My Happiness

来年の手帳について

ほぼ日手帳、皆さんご存知でしょうか?

11ページの、あれです。

あまり荷物を持ち歩かない私にとって、あまり関心の高いものではありませんでした。

なんといっても大きくて重いのです。


今年も、マンスリーの手帳を買っていたのですが、それすら持ち歩くのをやめてしまっていました。


しかし、しかしです、そんな私を揺り動かす事が起こりました。

なんと、ドラえもんのほぼ日手帳が出たのです!


これは気になります。


とりあえず、どんなものか調べるだけ調べてみました。

調べるだけならタダですから。


やっぱりかわいい、、、


見れば見るほどかわいいです。

しかし、まだ買う決心はつきません。

実用性を考えるとどうしても踏ん切りがつかないのです。

右に左にと心が揺れ動くうちにとうとう発売日を迎えてしまいました。


、、、どうしよう、とりあえず見るだけみにいってみようかな、、、

ひょっとしたらもう売り切れてるかもしれないし。


そう思うと、歩みも早くなります。

まあ、LOFTに行って見るだけ、見るだけみてみよう。


そうです、最初は見に行くだけ、見に行くだけ、だったのです。


それが、気がついたらドラえもんの手帳を持ってレジに立っておりました。


!!!


最近では、かわいいは正義と言うようです。

とてもいい言葉ですね。


これからどう使おうかな~


[PR]
by piyoko_hamada | 2018-11-01 01:01 | My Happiness

幸せな時間

先日、髪を切りに行っていきました。


ここ数年通っている美容院ですが、先月移転して少し広くなりました。

担当の美容師さんと、


新しいし、きれいですね~。


なんて話していると、


これ、よかったらどうぞ。


と、差し出されたのがタブレット。

なんと、最近の美容院では、雑誌ではなくタブレット端末で電子書籍を見るそうなのです。


時代は変わりました。


いろいろ入っているので見てみてくださいね~。


と言われ、端末を操作してみると、確かにいろいろな雑誌が入っています。


ファッション誌はもちろん、スポーツ誌から週刊誌、映画誌も網羅しています。


とりあえず、どんな雑誌があるのか見てみようと最後までスクロールしてみました。


!!!


息を飲むとはまさにこのことです。


呼吸が浅くなり、鼓動が早くなるのが分かりました。


一度タブレットから視線を外し、これは夢ではないことを願いながら、再度タブレットに視線を戻します。


そこには、輝かんばかりに素敵な名前の雑誌が確かにありました。


その名も、


ビール王国。


なんて耽美な響きでしょう?!

なぜ、今まで、私はこの雑誌に出会わなかったのでしょうか?!


髪型もそこそこに、雑誌、ではなくタブレットにかぶりつくように読みふけりました。


とても幸せな時間がそこにありました。


次の号はちゃんとチェックしなくては!


[PR]
by piyoko_hamada | 2018-10-31 22:25 | My Happiness

日常会話。

実は、気がつけばもう結婚して15年経っていたりします。


しかし、まだまだウチの旦那様について分からないことだらけです。


先日、


「あのね、家のことでお願いがあるんだけど、」


と旦那様に話しかけたところ、


凄い勢いで、


「ごめん、また俺なんかやらかした?!ホントごめん!」と。




念のためですが、私の口調がきつかった、怖かった、脅迫じみていた、ということは一切ありません。


家事を頼もうと思ったのです。


なのに旦那様の過剰反応。




あまりの勢いに、この会話の目的を忘れてしまいました。


私、一体何を頼むんだったっけ?


[PR]
by piyoko_hamada | 2018-10-22 18:57 | My Happiness

広い席、狭い席

先日、京都に所用ができ、久しぶりに新幹線に乗りました。行きは伊丹空港から京都に行きましたが、帰りの飛行機が取れず新幹線になったのです。みどりの窓口で時間を告げると、


「うーん、もう3人掛けの真ん中しか空いてないですね。どうしますか?」と。

続けて、30分後の電車なら2人掛けの通路側が空いてますよ~。」と。30分待つのは嫌だったので、希望時間の電車にしてもらいましたが、窓口の方に「3人がけの真ん中でもいいんですか?」ともう一度聞かれました。


どうやら窓口の方は席が狭いことを心配してくれていたようなのですが、まあいいやと思い切符を買いました。


で、改札をくぐり、いざ3列の真ん中に向かいます。


ん?席、広いよね、飛行機よりも。


そうです、飛行機のエコノミーの席に比べれば足元は倍くらい余裕があります。横幅だって飛行機よりも広いです。


そっか、これが標準なんですね。


[PR]
by piyoko_hamada | 2018-09-30 16:50 | My Happiness

ブラインドタッチ その2

先日、スマホでブラインドタッチをしたいという話を書きました。ラインのメッセージのような短文ならいいのですが、ブログのようなある程度の分量を書く時はやはりフリック入力はまだ私にとって不便です。

しかし時代は変わりました。もうキーボードの時代ではないのです。私は私だから、と言って時代の風潮に逆行できる程の自我は持ち合わせていませんし、あ~、今の事はよく分からなくって~、と言う程世捨て人にはなれません。つまり、時代に迎合するしかないのです。そんなわけで今風に、スマホでスマホのブラインドタッチに関して調べてみました。


調べた結果、いくつか分かったことがあります。

まず、スマホに、そもそもブラインドタッチは不向きなようです。なぜなら、パソコンのキーボードと違い、どのキーをタッチしたか分からないからです。なるほど、確かスマホは全てフラットなので目視でないとどのキーをタッチしたか指の感覚では分かりません。私の目標はあくまでも私の思考に文字が追いつくことです。その目的が達成できればブラインドタッチでなくてもいいのです。手段は問いません。


まず、スマホの入力を早くするために利用すべきは予測変換。これは例えば「ド」と入れれば、「ドラえもん」と出てくるやつです。これを利用すれば、タッチの回数が格段に減ります。


そして、一番大切なのが入力の仕方です。しかし、生半可な気持ちではできません。非常に高いハードルです。それは、




両手打ち、、、




どうやらキーと入力画面を見ながら、両手で打つと早いらしいのです。女子高生がしているのを見たことがあります。あれか、、、女子高生と同じ事を私ができる気がしません。まず、前提条件として、キーボードの配列を完璧に覚えていることが必要だそうです。


ん?ここで私、考え直しました。そう考えると、パソコンのブラインドタッチよりもハードル、低くない?と。一般なパソコンのブラインドタッチで覚えるキーに比べると、スマホのキーの方がはるかに少ないです。しかも、冷静に考えると、かつて女子高生だった私にできないわけがありません。


目下、高速両手打ちの練習中です。


、、、がんばろう。


[PR]
by piyoko_hamada | 2018-09-21 20:54 | My Happiness

歴女になろう

江戸時代モノの小説が読みたい熱が最近高めです。今回の西郷どんは観ていないのですが、ここ何年かは、ずっと大河ドラマを観ていましたし、「にっぽん!歴史鑑定」も毎週欠かさず録画して観ています。昨今の風潮にのり、歴女の端くれに加わろうとしています。そんな流れもあり、江戸時代モノの小説を読みたくなったのですが、今までフィクション、ノンフィクション含め、江戸時代モノはほぼ読んだことがなく、何から読めばいいのかさっぱりなのです。とりあえず図書館に行き、文庫本の棚を見てみました。文庫本の棚は作者の名前順に並んでいます。赤川次郎、綾辻行人、と知っている名前が続きます。うーん、面白そうな本はあるけど今の気分ではないんだよね、、、と、そのまま視線を右にずらしていくと、あ!これだ!!ありました、私のイメージにぴったり!!!その名も、




池波正太郎




私の今の気分にぴったり(なはず)です。今更ながら池波正太郎は全く未読だったので、池波正太郎の中で一番スペースの広いシリーズを選びました。剣客商売です。色々な本がある図書館でこれだけのスペースを割いているのです。さぞかし面白いに違いありません。ワクワクしながら借りて帰りました。早く読書の日を日を決めなくては!


[PR]
by piyoko_hamada | 2018-09-21 20:05 | My Happiness

ブラインドタッチ

最近、スマホでブログ日記を再開しつつあるのですが、ちょっと不便なことがあります。


と、言うのも私は旧人類の人間なので、PCのブラインドタッチに慣れきってしまっているのです。

なのでフリック入力では、キーボードを見ながらでないと文字が打てず、しかしながら、キーボードを見ながらだとミスに気がつかず、「あーとー、こんなんをうおうとこむったんしまゃないのに!」

(あーもー、こんなんを打とうと思ったんじゃないのに!)と、なるわけです。


また、私の心の声に指がついてこられず、まるで運動会で久しぶりに全力疾走をし、気持ちばかり先行してしまい、足が動かずもつれて転んでしまうお父さんのようになるわけです。


スマホでブラインドタッチ、なかなかハードルが高そうです。


[PR]
by piyoko_hamada | 2018-09-17 18:21 | My Happiness